患者さんへの最後のケア エンゼルケアを理解しよう

お互いに励まし合った患者さんや、親切に接してくれた患者さん。

看護師さんは様々な患者さんとかかわりますが、患者さんの中には病状が悪化して亡くなってしまう方もいらっしゃるでしょう。

患者さんや遺族の方のためにも、しっかりと死後のケアを行いたいですよね。

この記事では、死後のケア、別名「エンゼルケア」の意味や目的、手順や処置方法などをご紹介します。

エンゼルケアとは

意味

エンゼルケアとは、患者さんが亡くなったあとに死後の処理、清拭、着替え、化粧などを行うことを指します。

葬儀に向けて遺体を清め、死亡後に起きる容姿の変化を可能な限り隠すそうです。

エンゼルケアは「死後の処置」「逝去時ケア」とも呼ばれています。

目的

エンゼルケアを行う目的は、主に3つあります。

①故人の尊厳を守るのため

エンゼルケアを行い、故人を生前の表情や外観を思わせるように近づけていくことで、故人の尊厳が守られると言われています。

②遺族のケアのため

故人を生前のような外観へ整えていくことで、遺族の気持ちが「キレイな姿で送ることができた」と整理されることがあります。

エンゼルケアは、遺族が納得感や満足感を得ることにつながります。

そして、悲嘆を乗り越えやすくするとも言われています。(悲嘆の軽減)

③感染症を防ぐため

死亡後の遺体には感染のリスクもあるため、医療器具や衛生面の処置は必要不可欠です。

生前、感染症疾患だった患者さんからの感染だけでなく、死後急激に起こる変化(腐敗)や排泄物などから感染する可能性があります。

時間が経つにつれて感染リスクも高まるため、手早いケアが大切となるでしょう。

エンゼルケアの手順①全体の流れ

準備するもの(一例)

病院や施設によって、エンゼルケアセットというエンゼルケアを行うのに必要なものが揃えられています。

くしやブラシ、カミソリ、ヘアピースなどの美容用品もあるとなお良いでしょう。

医療従事者向けにエンゼルケアセットの通販もあるようです。

全体の流れ

エンゼルケアの全体的な流れをざっくりとご紹介します。

どのようなことを行うのかを掴みましょう!

※病院・施設によって手順やケアの内容が異なる場合があります。

詳しい手順については、後述します。

病院で行われる場合、一般的には看護師がエンゼルケアをします。

看護師のみで行われる場合もあれば、遺族とともにエンゼルケアを行うこともあるようです。

病院によってどのように実施されるのか気になる方は、確認しておくといいかもしれません。

エンゼルケアの手順②処置方法

医療器具の処置

チューブや点滴などの医療器具を遺体から取り外します。

心臓ペースメーカーは、火葬場にて爆発が起こるため、必ず取り外しましょう。

遺体から外す際に、体液や血液などが遺体の衣服に付着しないように気を付けることが大切です。

創傷部位の処置

傷の部分を消毒していきます。

医療器具を外すときに出血を伴う場合、ばんそうこうや包帯などで止血することもあるようです。

排泄物の処置

体内に残っている排泄物を排出します。

死亡後、筋肉が緩み体内にある排泄物が出やすい状態になり、ベッドが汚れるのを防ぐために行います。

口腔ケア

先ほど、遺体には感染症のリスクがあると書きました。

口腔ケアで口の中、口の付近などをきれいにすることで、感染症のリスクを下げるということにつながります。

また、感染予防だけでなく、口臭を除去する目的もあります。

口腔ケアを行う時は、力を入れすぎると出血する危険性もあるため、優しく行いましょう。

出典:看護roo!

頭髪のケア

頭髪の汚れが気になるときは、ドライシャンプーや洗髪をします。

くしやブラシなどで髪の毛を整えましょう。

詰め物

口腔ケアと同じく、体液や血液などによる感染症予防のために、耳・鼻・口などに詰め物をしていきます。

エンゼルケアの講師や病院などによって、体液や血液が流出していないから詰め物をしないという考えがあるそうですが、詰め物をするのは予防的な処置に当たると言われています。

感染を防ぐことは、遺族の安全や個人の尊厳を守ることになります。

そのことを念頭において、ケアしていきましょう。

清拭

微温湯で濡らしたタオルで、全身をきれいに拭いていきます。

手、胸腹部、足、背部、陰部の順番に優しく丁寧に清拭します。

着衣・化粧

清めた体に白装束や浴衣などの衣服を着せます。

故人の好きだった服を着せることもあるそうです。

着替えの注意点として、以下の2点が挙げられます。

  • 襟は左前
  • 紐は縦結び

エンゼルケアでの化粧は、「死に化粧」または「エンゼルメイク」とも呼ばれています。

具体的にどのようなメイクがいいかについて、遺族と相談しながらエンゼルメイクを施すことがあるそうです。

メイクの前に肌の乾燥を防ぐために乳液やクリームなどで保湿する場合もあります。

出典:看護roo!

お別れ

宗教・宗派などによって、手を組ませたり組ませなかったり、口を無理に閉じさせないなど異なる点があるので事前に確認しておきましょう。

お別れの挨拶をして、白い布を顔にかぶせます。

エンゼルケアをもっと学ぶには

エンゼルケアは医療行為ではないため、ケアにあたって必須の資格や経験などはありません。

ここでは、エンゼルケアをより深く学びたい方や、専門的な知識・技術を身につけたい方向けに研修や資格をご紹介します。

研修

◆看護師のエンバーマーが教えるエンゼルケア&メイク実技演習

日総研による医療・介護従事者限定のセミナーです。

講師が自身の看護師経験を踏まえて分かりやすく指導するそうです。

エンバーマー…エンバーミング(遺体衛生保全)の技術を施す医療・科学的技術者のこと

対象:医療・介護従事者

日総研HP「看護師のエンバーマーが教えるエンゼルケア&メイク実技演習

資格

◆遺体感染管理士

有限会社エル・プランナーによる民間資格です。

院内や施設の感染予防、遺族の衛生的なケア、遺族の尊厳を守ることなどに貢献します。

対象:医療・介護3年以上の勤務経験、有資格者(助産師、看護師、介護士、介護福祉士)

詳しくは、有限会社エル・プランナーHPをご確認ください。

 

 

エンゼルケアをなぜ行うのか、どのようにケアしていくのかなどの基本について、分かりましたでしょうか?

エンゼルケアを施すことには、多くの大切な意味が込められています。

基本を理解したうえで準備をし、丁寧にエンゼルケアを行っていくことが大切です。