再確認!「認知症」の要点をとらえよう!

「認知症」を、

「物忘れが多い」

「お年寄りの方病気」

といえば、「=認知症」と認識している方は多数いらっしゃるのではないでしょうか。

確かに、認知症は高齢になるほど、発症する可能性が高まります。

実際のところ、認知症になるのは、お年寄りの方だけではありません。

「若年性アルツハイマー型認知症」

という言葉に聞き覚えはありませんか?

2018年秋クールに、TBSテレビで放送された

『大恋愛~僕を忘れる君と~』で、

取り上げられていた主人公の女医さんが、30代という早さで若年性アルツハイマー型認知症を発症しました。

この若年性アルツハイマー型認知症は、認知症の一種です。

今回は、認知症の基本や認知症の方との関わり方、対応、アセスメント、認知症ケアなどを紹介します。

ここで、認知症の基本をしっかり把握しましょう!

認知症の大枠をつかもう!

意味

認知症とは、厚生労働省によると、

「いろいろな原因で脳の細胞がしんでしまったり、働きが悪くなったためにさまざまな障害が起こり、生活するうえで支障が出ている状態(およそ6ヶ月以上継続)」

(厚生労働省「認知症の基礎~正しい理解のために~」より引用)

と定義されています。

一般的に、65歳以上の高齢者が、発症することが多いです。

64歳以下で、認知症を発症した場合、「若年性認知症」となります。

種類

  • 脳血管性認知症
  • アルツハイマー型認知症
  • レビー小体型認知症
  • 頭部外傷後遺症
  • 前頭側頭型認知症
  • アルコール性認知症

など、様々な種類があります。

この中でも、

「脳血管性認知症」「アルツハイマー型認知症」「レビー小体型認知症」の原因疾患(アルツハイマー病やレビー小体病など)が、認知症を引き起こす割合が高いといわれています。

症状・症例

認知症の症状は、大きく分けて2つあります。

周辺症状は、認知症の行動や心理的な症状を表す

「BPSD(Behavioraland Psychological Symptoms of Dementia)」

と呼ばれることもあります。

認知症の方とのかかわり方とは?

コミュニケーションのとり方

上記の方法で、コミュニケーションを取るようにすると、

認知症の方が、不安・焦燥感などを感じにくくなるでしょう。

対応(具体例)

 困ったときの対応例として、

「同じ話を繰り返すとき」「徘徊するとき」「攻撃的になるとき」をご紹介します。

後述の「認知症ケアの知識を深めよう!」でも、認知症ケアについて記載しています。

ほかにも、認知症に効果的なケアとして、「音楽療法」があります。

音楽療法とは、楽器の演奏や音楽鑑賞を通して、ケアを実践することです。

気になる方は、

音楽を用いて楽しくケアしよう! 音楽療法士のあらまし』をあわせてご覧ください。

認知症のアセスメントを知ろう

アセスメントをきちんと行うためには、情報収集することが大切です。

認知症の方の発言や行動、ご家族様から得た情報などを、チーム内で共有することで、ケアの向上につながるでしょう。

アセスメントを行うときの流れについては、『これで完璧!情報収集からアセスメントをするまでの流れと解説』をご確認ください。

アセスメントツール

 DASC(Dementia Assessment Sheet in Community-based Integrated Care System)は、「地域包括ケアシステムにおける認知症アセスメントシート」です。

 認知症の方をアセスメントする時に、しばしば用いられます。

 ♢DASC-21の項目

dasc.jpの「DASC-21シート最新版」を参考に作成)

 表の項目を

 ①「感じない / まったくない / 問題なくできる」

 ②「少し感じる / ときどきある / だいたいできる / 見守りや声がけを要する」

 ③「感じる / 頻繁にある / あまりできない / 一部介助を要する」

 ④「とても感じる / いつもそうだ / まったくできない / 全介助を要する」

 の4段階で評価し、点数をつけます(各1~4点)。

 合計点や、項目ごとの変化を観察していきます。

 対象者(認知症の方)をよく知るご家族、看護・介護者に、日常生活の様子を聞きながら、評価を行うそうです。

 対象者が一人暮らしの場合(ご家族、親戚がいない場合)、対象者本人に日常生活について質問しながら、調査する方の判断により、評価を行うそうです。

 アセスメントツール「DASCー21」は、認知機能・生活機能などを評価できます。

 「DASCー21」の詳細については、以下のサイトにて、ご確認ください。

 「dasc.jp

 ♢課題分析(アセスメント)に関する項目

 「課題分析(アセスメント)に関する項目」は、

 アセスメントを行うときに用いられる「課題分析標準項目」の一つです。

 (参考:厚生労働省HP

アセスメントする際のポイント

  • ご家族、ほかのスタッフからの情報を集める
  • 認知症の方のペースに合わせて、一緒に考えていく姿勢で対応する
  • 認知症の方の状況を具体的に聞いて、様々な角度から分析する

など

アセスメントは、看護記録の分析手法の一つである「soap」の「a」にあたります。

「soap」の書き方については『看護師を目指す人は必見!看護記録soapの書き方』を参考にしてみてください!

認知症ケアの知識を深めよう!

認知症ケアを、3つ紹介します。

認知症ケアの種類、認知症の方との関わり方を知りたい方は、関連記事を含めて、ご覧ください。

認知症ケア①【バリデーション】

「バリデーション」は、「認知症の方を否定せず、受け入れて共感する」という考え方から、成り立っている認知症ケアです。

言葉だけでなく、ボディタッチやアイコンタクトなど、言葉に頼らないケアもあります。

「バリデーション」については、

バリデーション療法で認知症の方とのコミュニケーションを円滑に!』をご覧ください。

認知症ケア②【パーソン・センタード・ケア】

「パーソン・センタード・ケア」は、

認知症の方を一人の人間として尊重して、その人の視点・立場に立って、理解し、ケアを行うという考え方です。

「パーソン・センタード・ケア」については、

認知症ケアに有効!「パーソン・センタード・ケア」の基礎』をご覧ください。

認知症ケア③【ユマニチュード】

「ユマニチュード」は、

知覚・言語・感情で、包括的なコミュニケーションから基づいたケア技法のことです。

フランスで発祥した「ユマニチュード」には、「Humanitude;人間らしさ」という意味があります。

「人間とは何か」「ケアとは何か」という哲学に基づいた考え方で、「その人らしさ」を尊重してケアを行う方法です。

「ユマニチュード」については、

誰でも実践できる!認知症ケア技法「ユマニチュード」を習得しよう!』をご覧ください。

まとめ

認知症の意味や種類、コミュニケーションの取り方などの基礎を、再確認できましたか?

認知症の方との関わり方に困ったとき、今回の記事のことを思い出して、意識してケアを行ってみてくださいね!

また、関連記事に記載している認知症ケアを実施すると、「認知症の症状が緩和された」と、いわれています。

今回の記事を読んで、さらに興味を持った方、認知症の知識を深めたい方、認知症の方に効果的なケアの方法を知りたい方は、ぜひ関連記事もご覧ください!