未知なる可能性にチャレンジしてみよう。 ー海外で看護師として働くためにはー

現在の日本が高齢化社会であるのと同じように、世界の多くの国で高齢化が進み医療スタッフの数が不足しています。

また、発展途上国や紛争地帯など医療が行き届かないエリアもまだまだ多いのが現状です。

看護師さんの中にも、海外で働きたいという希望を持つ人がいます。

今回は、海外で看護師として働くにはどうすればいいかをリサーチしました。

海外で働きたい理由からその方法、
海外で看護師として実際に働いていた“先輩ナース”の体験談などを紹介します。

海外で看護師として働きたい理由

看護師として日本以外の国で働いてみたい、そんな希望を持つ人がなぜそう思っているか?

まずは、海外で看護師として働きたい理由を紹介します。

■海外で働きたい

看護師さんに限ったことではなく、とにかく海外で暮らしてみたい、
海外で働いてみたいという希望を持つ人は意外に多いものです。

狭い日本を出て世界のいろいろな国を見てみたい、
あるいは昔から憧れていたあの国で働いてみたい、そんな希望を持つ人は少なくありません。

■スキルアップ・キャリアアップ

看護師としてある程度経験を積んで、もっとスキルアップしたい、
さらに上を目指したいという上昇志向から、世界の医療・看護を学びたいと望む人もいます。

もっと現実的な理由として、看護師の地位が日本より高い、
年収が日本よりもいいという国で看護師として働きたいと思う人もいます。

■ボランティア

貧困や戦争などの理由で、医療を満足に受けられないという人たちのために役に立ちたいというボランティア精神から、海外での看護活動に携わりたいと思う人もいます。

「青年海外協力隊」や「国境なき医師団」などが有名です。

海外で働いたときのメリット・デメリット

次に、海外で看護師として働くメリットやデメリットを紹介します。

人気の高い主要国別にメリット・デメリットを比較してみましょう。

日本看護協会の「海外の看護事情」では、各国の教育規制や受け入れ状況が掲載されていますので参考にしてみて下さい。

海外で看護師として働く方法は
ー短期的ー

海外に移住して看護師として働くのは難しいけれど、
海外の医療や看護を勉強したいという人もいるのではないでしょうか?

そういう人におすすめなのが、海外研修や海外留学です。

社会人の留学と言えば、帰国後の再就職の心配が付き物ですが、
看護師さんの場合、人手不足で求人はたくさんあるので問題なさそうです。

この海外研修や留学にもいくつかあり、語学のための研修や留学、現地の看護師資格取得を目指す研修や留学などがあります。

看護留学については「世界へ羽ばたく第一歩!看護留学についてご紹介!」をご覧ください。

ワーキングホリデー

他にも、ワーキングホリデー協定を結んだ国で1~2年、就学・就労・観光などができるビザが発行される「ワーキングホリデー」があります。

このワーキングホリデーは18歳から30歳までの青年に限られるので、
該当年齢で海外の生活を体験してみたい看護師さんは検討してみてもいいかもしれません。

また、病院や施設を運営する団体などで、研修や留学を推奨していることもあります。

費用の一部、または全部を負担してくれたり、帰国後の勤務が保証されていたりなどの優遇措置がありますので、勤務先の病院などが該当しないか確認してみましょう。

海外で看護師として働く方法は
ー長期的ー

研修や留学は、短い場合は1週間くらいからです。

もっと本格的に、長期にわたって看護師として海外で活躍したいという人には、看護ボランティアや国際看護師としての道があります。

看護ボランティア

看護ボランティアは、主に発展途上国など医療が行き届かない地域で、
現地の人達と触れ合いながら看護師として働くプロジェクトです。

期間はまちまちで、例えばお休みを利用して2日間だけといった場合や、
2年間の長期にわたるものもあります。

ただし、ボランティアなので基本無給で渡航費や滞在費などの費用がかかってしまう場合が多いので注意しましょう。

看護ボランティアプロジェクトを行っている主な団体は以下の3つです。

JICA海外協力隊
ジャパンハート
国境なき医師団

国際看護師

本格的に定住して現地で働く「国際看護師」と言う選択肢もあります。

実際には国際看護師という資格はありませんが、現地の看護師資格を取得し、
その国の看護師さんたちと一緒に働くことになります。

もちろん、日本の看護師資格が無くても現地で就学し資格を取ることができますが、
看護師免許を持っていれば現地の資格取得に有利な国が多いようです。

先程挙げた主要国のメリット・デメリットの表を見ても分かるように、
日本よりも給与や待遇が良かったり、地位が高かったりする反面、
高い英語力や資格取得のハードルが高いのが難点かもしれません。

海外勤務経験者に聞いてみよう!

最後に、実際に海外でボランティアやワーキングホリデーを経験した看護師さん、
海外に移住し病院に勤務している看護師さんの体験談を紹介します。

フィリピンで看護ボランティア

看護師としていつかは海外でボランティアを!と考え、まずはオーストラリアなどで9ヶ月語学留学しました。
ボランティア先はフィリピンに決め、看護師として1か月間プロジェクトに参加しました。
病院では、分娩の介助や生まれた赤ちゃんのケアなどに携わりました。
スタッフはみんな優しく陽気なので楽しく働くことができました。

出典:Projects Abroad

オーストラリアで看護師として暮らす

小さいころから海外に行くことが夢で、看護師資格を取得後イギリスに留学しました。
まずはボランティアからと思っていたところ、看護師になってみたら?というアドバイスで資格を取得することに。
研修した病院で3年働き、その時にイギリス人のパートナーと出会い結婚しました。
その後、家族でオーストラリアに移住し、現在は整形外科病院の夜勤専従看護師として働いています。
こちらの病院は、夜勤の時間もフレキシブルなので自分でシフト設計もできる感じです。
有給休暇が多く、1ヶ月連続で休むことも可能なので里帰りもできます。

出典:nas nus

看護師として国際的に活躍する!そんな夢を現実にすることも可能です。

国際看護師、看護ボランティアを目指してみませんか?