看護の基本! スタンダードプリコーションをもう一度振り返ってみよう

医療の現場では当たり前の基本ですが、
日常的に行われるからこそおろそかになっていることもあります。

今回は、医療や看護の基本とも言える「スタンダードプリコーション」について、改めてリサーチしました。

スタンダードプリコーションの定義やそのやり方など、もう一度振り返ってみましょう。

スタンダードプリコーションってなに?

まずはスタンダードプリコーションの基本情報から紹介します。

定義

スタンダードプリコーションは、アメリカ疾病予防管理センターCDC(Centers for Disease Control and Prevention)が1996年に発表した「隔離予防策のガイドライン」で提唱されました。

日本看護協会の「職場での感染予防」では、

汗を除くすべての血液・体液、分泌物、排泄物、創傷のある皮膚・粘膜は伝播しうる感染性微生物を含んでいる可能性があるという原則に基づいて行われる標準的な予防策

と定義されています。

効果

標準予防策とも言われるスタンダードプリコーションは、どういった効果があるのでしょうか?

スタンダードプリコーションを行うことで、患者間や医療スタッフを介した感染、
保菌患者から医療スタッフへの感染を防ぐ効果があります。

つまり、感染成立連鎖の「伝播経路」を断つ効果的な方法となります。

何をいつやればいいの?

次に、スタンダードプリコーションの具体的な方法を紹介します。

CDCアメリカ疾病予防管理センターが提唱する感染対策のガイドラインに基づいて、
病院や施設などで独自の標準予防策が取られています。

代表的な9つの標準予防策を挙げてみましょう。

この標準予防策の対象となるのが、「湿性生体物質」です。

  • 血液
  • 汗を除く体液、分泌物、排泄物
  • 粘膜
  • 損傷した皮膚

全ての湿性生体物質は何らかの感染性を持っているという概念に基づいて行われるのが標準予防策です。

手洗いにもやり方がある?!

感染予防策の基本である手指衛生は、手洗いとアルコール消毒の2つに大別されます。

微生物の代表的な伝播経路である「手」の洗浄と消毒をもう一度振り返ってみましょう。

手洗い

目に見える汚れがある場合には、石鹸と流水を使って丁寧に手を洗います。

手洗いには「日常的手洗い」「衛生的手洗い」「手術時手洗い」があります。

日常的手洗いは、食事の前やトイレの後などに行う一般的な手洗いです。

衛生的手洗いは、医療従事者や食品を扱う職業の人達が行う、
皮膚表面の汚れや有機物、通過菌のほとんどを除去する手洗いです。

 出典:衛生的手洗い法SARAYA

手術時手洗いは、手術の前に行う手洗いでいくつか方法がありますが、
最近の主流はウォーターレスのラビング法です。

 出典:手術時手洗い(ラビング法)一宮市立市民病院

アルコール消毒

CDCアメリカ疾病予防管理センターのガイドラインでも推奨されているのがアルコール消毒です。

短時間でできてほとんどの微生物を除去でき、手荒れ対策にも有効です。

出典:アルコール擦式手指消毒剤による手指消毒

防護具って何があるの?

最後に、PPE(Personal Protective Equipment)個人防護具について紹介します。

CDCの標準予防策でも推奨されている個人防護具は、汚染物の拡散防止や暴露の予防、そして医療従事者の感染を防ぐための有効な手段です。

▲ガウン・エプロン
使用時期:血液や湿性生体物質で衣服や皮膚が汚染されそうな時
用途:衣服や皮膚の汚染を防ぐ
注意点:脱ぐ際に衣服や皮膚を汚染しないように気を付ける

▲マスク
使用時期:血液・体液・分泌物・排泄物がはねたり飛び散ったりの恐れがあるとき
用途:鼻腔や口腔の粘膜を汚染から守る
注意点:耳掛けを持って外す

▲ゴーグル・フェイスシールド
使用時期:血液・体液・分泌物・排泄物がはねたり飛び散ったりの恐れがあるとき
用途:眼粘膜(鼻腔や口腔の粘膜)を汚染から守る
注意点:ゴム紐やフレームを持って外す

▲手袋
使用時期:血液・体液・分泌物・排泄物に触れる可能性があるとき
用途:手を汚染から守る
注意点:外した後は必ず手指消毒


出典:PPE(個人防護具)について

また着脱の順番も重要で、せっかく防護しても着脱の際に汚染されてしまうと意味がありません。

国立循環器病研究センターの6階東病棟では、個人防護具の着脱標語が実践されています。

着用時「エマゴテ」エプロン→マスク→ゴーグル→手袋

脱衣時「テゴエマ」手袋→ゴーグル→エプロン→マスク

出典:国立循環器センター看護部ブログ

標準予防策スタンダードプリコーションは、医療従事者にとっては基本中の基本ですが、当たり前だからこそ注意が行き届かない事もあるかもしれません。

もう一度最初から見直してみることも大切です。