憧れの職種。 オペナースになるためには…!

番組改編期になると新しいドラマが始まりますが、必ずと言っていいほど医療物のドラマが含まれています。

それだけ人気があり、視聴率が稼げるジャンルなのだと思います。

そんな医療ドラマでよく見かけるのがオペ室のシーンです。

執刀医にメスを渡す場面が思い浮かびますが、あの看護師がオペナースです。

あくまでも勝手なイメージですが、看護師さんの中でもこのオペナースはなんとなくエキスパートやスペシャリストといった特別な看護師と言う感じがします。

看護師の中でも特異な存在であるオペナース、その仕事内容やメリット・デメリットから、
オペナースになるにはどうすればいいかまで詳しく紹介します。

オペナースについて学ぼう!

まずは、オペナース(オペ室ナースやオペ看とも呼ばれる)の仕事内容を見ていきましょう。

器械出しと外回り

オペナースには、大きく分けると2通りの役割があります。

直接介助とも呼ばれる器械出しは、医師の指示する器具を手渡す役割を担っています。

手術用の器具はたくさんの種類があり、それらを覚えるだけでも大変ですが、次にどの器具が必要なのかを予測して用意しなければいけない場合もあるので、オペナースは病理知識を学ばなければいけません。

一方、間接介助とも言われる外回りは、器具や医療機器、薬品などの準備や管理、患者さんの状態を観察したり、その情報を医師に伝えたりと、とても忙しいようです。

他にも、術前訪問や家族への報告なども大切な仕事です。

また、手術後に器具や薬品、ガーゼなどの数をしっかり確認し、
患者さんの体内への置忘れが無いかどうかダブルチェックを行うことも重要な役割です。

1日のスケジュール

あるオペナースの1日のスケジュールを時系列に沿って見てみましょう。

オペナースになろうと思ったきっかけは?

オペナースは知名度が低いポジションですが、オペナースとして活躍中の方や、元オペナースの人はどうしてオペナースになったのでしょうか?

そのきっかけがどういうものだったのかを紹介します。

配属されたから

オペナースになったきっかけで意外に多いのが、
配属されて仕方なくオペ室勤務になったというものです。

そもそもオペナースは看護師の間でさえ知名度が低く、やや特異な存在です。

また、新卒ですぐにオペ室に配属される看護師さんもいるようです。

スキルアップ・キャリアップ

オペナースは、手術そのものはもちろん病理知識も高くないと務まらないポジションです。

患者さんの急変などの突発的なアクシデントへの対応にも長けていて、オペ室勤務が3年以上なら転職先に困らないとも言われます。

看護師としてキャリアアップを目指して配属希望を出す方も少なくないようです。

夜勤が少ない

緊急手術を除けば、予定された手術はほとんど日中に行われるため夜勤が少ないので、
病棟勤務より生活リズムが安定するとオペ室を希望する人もいます。

高収入

オペナースはその専門性や人員不足からか、
高収入な看護師さんの中でも収入の多い職場だそうです。

働く上での魅力、やりがいは?

続いては、オペナースのやりがいや魅力などのメリットと、ここはちょっと…と言うデメリットを紹介します。

メリット1:スキルアップ、向学心

オペナースは、看護のみならず病理に関する知識も要求されるので、医療に関する知識や技術力はかなりアップします。

しかも、急変時の対応能力も高くなり、
手術の先を読む力や手術室全体を見渡す能力も身につきます。

メリット2:夜勤が少ない、土日休み

手術は日中行われることが多く、夜勤は比較的少ないのがオペ室勤務のメリットです。

また、手術は基本平日に予定されているため、土日に休めることが多いようです。

メリット3:高収入

看護師さんは、女性の職業でも年収が高い方ですが、
オペナースはその看護師さんの平均よりもさらに高収入なことが多いようです。

その理由として挙げられるのが、病棟勤務の看護師さんには無い危険手当や手術室手当、待機手当などが付くことです。

続いてはデメリットを紹介します。

デメリット1:プレッシャー

小さなミスでも患者さんの命を左右するような大事になってしまうかもしれないのが手術です。

命を預かる医療の現場にはプレッシャーが付き物ですが、
手術室の緊張感はやはり別格のようです。

デメリット2:患者さんと話す機会が少ない

手術中の患者さんは意識がない場合がほとんどです。

中には部分麻酔で、コミュニケーションを取ることのできる場合もありますが、基本患者さんとは没交渉です。

転科や転職で患者さんに接する職場に変わった時に、
うまく患者さんとコミュニケ―ションを取れるか心配…と言う看護師さんもいます。

デメリット3:オンコール

夜勤が少なく、生活リズムは安定しやすいオペナースですが、
オンコール待機があるため休日も気が抜けないのがつらいと感じる人も少なくありません。

オペナースになるための方法は?

最後にオペナースになるにはどうすればいいかを紹介します。

新卒

新卒でもオペナースになることは可能です。

配属希望をオペ室にして、あとは配属決定を待つだけです。

ただ、いきなり新卒からオペ室には配属されない病院もあります。

基本的な看護技術が身につかないことから、
新卒のオペ室配属をしないのではないかと思われます。

転職・転科

病棟勤務などからオペナースに変わるには、
転科希望を出してオペ室勤務を願い出る方法が考えられます。

オペナースに空きが出たり、増員したりといったタイミングで転科できるかもしれません。

手術件数の多い総合病院に転職するという選択肢もあります。

その際には、病院見学や面接の際にオペ室への配属が可能なのかを尋ねておくことが大切です。

ちなみに、オペナースには看護師免許以外に特別な資格はいりません。

看護師の資格さえあればオペ室に勤務することができます。

憧れのオペナース、あなたもチャレンジしてみませんか?