重い病気の患者さんの心の支え!「緩和ケア」の基礎 ~がんや疼痛など痛みのケア~

がんのように治る見込みが少ない病気や、「痛くてつらい」というような病気の患者さんに対して、どのような対応をすればよいか、戸惑ってしまう看護師さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

重い病気の患者さんに対しては、体や心の負担を軽くするために、患者さんに寄り添った「緩和ケア」を行うことが多いです。

ここでは、患者さんやご家族の心の支えとなる「緩和ケア」について、わかりやすく説明していきます。

緩和ケアってなに?

緩和ケアとは、簡単にいうと、

「患者さんやご家族が抱える痛みや問題などに寄り添いながら適切に対応し、生活の質(QOL)を高めていく方法」のことです。

2002年のWHOによると、

「生命を脅かす病に関連する問題に直面している患者とその家族のQOLを、痛みやその他の身体的・心理社会的・スピリチュアルな問題を早期に見出し的確に評価を行い対応することで、苦痛を予防し和らげることを通して向上させるアプローチである。」

と、定められています。(「日本緩和医療学会」HPより引用)

※病気そのものを治すことではなく、あくまでも、痛みを和らげることを目的としています

日本では、がんを中心に発展していますが、海外ではがん以外の患者さんの割合が高いです。
( ex : 重度のアルツハイマー病、神経難病など )

しかし、日本でも、緩和医療学会で、非がんの緩和ケアの領域を深められているように、がんにとどまらない難病の患者さんの苦しみを和らげることや、在宅支援などに取り組むところも増えてきているようです。

緩和ケアのやり方

実際には、緩和ケアはどのように行うのものなのか、見ていきましょう!

一連の流れ

介入の依頼を受けるところから終了まで、業務は多岐にわたります。

詳しい業務内容については、

日本緩和医療学会の「緩和ケアチーム活動の手引き」をご覧ください。

従来では、がんの治療と緩和ケアは別々に行われていたところが多かったようですが、

最近では、がん診断時から介入が始まり、治療と並行して行われるところが増えているようです。

緩和ケアの方法

緩和ケアは、緩和ケアチームを結成して行われるとされています。

医師や看護師、緩和ケア認定看護師、薬剤師など、多職種の人と組むことになるそうです。

 ~チーム内でのコミュニケーション~

 多職種の方々と良い関係を作り、各々の専門性を適切に活かしていくことが大切です。

 チーム内のやりとりが多いので、丁寧な言動を心がけましょう。

 お互いの情報を共有・交換し、課題解決のために、ともに取り組むことが大切だといえますね。

  ♢コンサルテーション・エチケット10の原則

  日本緩和医療学会は『緩和ケアチーム活動の手引き』で、
  コンサルテーション・エチケットにおける10原則(コンサルテーション十戒)が大切だと、
  記載されています。

(日本緩和医療学会『緩和ケアチーム 活動の手引き第2版』より引用)

 ~患者さんとの関わり方~

 患者さんとのコミュニケーションは、様々な方法があります。

 ここでは、「スピリチュアルケア」「ナラティブ・アプローチ」を
 簡単に紹介していきます。

  ♢スピリチュアルケア

  患者さんがつらさに意味を見つけられれば、つらさを抱えられることから、
  その意味を見つけることを支えていく方法が「スピリチュアルケア」といわれるそうです。

  WHOでは、緩和ケアの定義として、全人的な痛みの緩和の一つに、
  霊的苦痛(スピリチュアルペイン)の緩和が大切であるとしているそうです。

  (スピリチュアルペインの例:「もう治らないなら、どうして生きているんだろう」)

  身体的な痛みであれば、その症状に対して治療していくことができますが、
  スピリチュアルペインは症状に対して治療を行うというよりも、
  関係性によってつらさを緩和していくそうです。

  ♢ナラティブ・アプローチ

  「ナラティブ=物語、語り」という意味です。

  患者さん(相談者)が自ら語ることで、今まで気が付かなかった問題が明らかになり、

  解決へ向かう為の方法です。

  近年、看護や医療の分野だけでなく、
  ビジネスでも「ナラティブ・アプローチ」が広まりつつあるそうです。

  看護師さんであれば、患者さんとの会話が重要となるでしょう。

  共通していえることは、何よりも、患者さんに対して誠実に接することだと考えられます。

緩和ケアと間違えられやすい2つのケア

緩和ケアと間違いやすい「ターミナルケア」「ホスピスケア」との違いをご紹介します。

アメリカでは、間違えられることが少ないのですが、

日本だと同じ意味で使われていることや、セットにされていることがあり、意味の混同が多々あるようです。

緩和ケアの知識を深めたい方は…?

ここまでご覧いただき、緩和ケアについて「もっと知識を深めたい」「専門的に仕事をしたい」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、緩和ケア認定看護師について簡単にご紹介します。

(認定看護師については、『認定看護師になるための覚えておきたい4つのポイント』をご覧ください)

認定看護分野の一種である「緩和ケア」は、

  • 疼痛や呼吸困難、倦怠感などの苦痛に対する緩和
  • 患者さんやご家族の悲しみを和らげる

などのケアをしていくほかに、病棟看護師の支援も行います。

緩和ケアを専門的に行うチームで、患者さんへの対応をしていくようです。

まとめ

  • 緩和ケアとは、心や体の痛みを和らげることで、患者さんに寄り添えるケアである
  • 緩和ケアの対象が、がんやエイズなどの疾患を中心に、広がりつつあること

「病気によって苦しんでいる患者さんの助けになりたい」「緩和ケアをより深く極めたい」と思った看護師さんは、緩和ケア認定看護師を目指されるのはいかがでしょうか。

先ほど記載した通り、緩和ケアは多職種の人と協力して行うため、積極的にコミュニケーションを図ることが大切です。

緩和ケアの基礎を押さえて、協力し合いながら患者さんの支えになるよう、取り組んでみてください!