看護師さんの結婚式について気を付けるべき5つのポイント!

看護師さんの結婚式だからこそ、気を付けるポイントは?

数ある人生のイベントの中でも最高に幸せな結婚式。

近々結婚式を挙げるという人や、いつかは結婚…と考えている看護師さん、同僚や先輩の結婚式に参列の予定という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

結婚という幸せなイベントにも、招待客はどうするのか?どんな式にするのか?といった、式を挙げる側ならではの悩みもあります。

また、参列する招待客にも、スピーチを頼まれたけれど何をしゃべればいい?余興はどんなものにしよう?服装やマナーは?など、悩みは尽きません。

今回は、看護師さんの結婚式にまつわるいろいろな問題や悩み、看護師さんならではの事柄や、看護師さんだからこそ気をつけたいポイントなどをリサーチしました。

招待客どこまで声をかけるのが正解?

まずは、職場の人はどこまで招待するのか、という問題について紹介します。

上司・先輩・同僚・後輩…どこまでの範囲が一般的なのか悩むところです。

もちろん、両家のバランスがあるので、新郎新婦ともに職場の人間は招待しないといった取り決めをしておけば安心です。

もし、職場の人間も招待するなら直属の上司や仲の良い同期の同僚ぐらいが一般的です。

ただ同じ職場だというだけで、さほど親しいわけでもない同僚や後輩を招待すると、人数合わせやご祝儀目当てなのかも?と疑われることもあるので注意が必要です。

また、職場の状況によっても配慮が必要です。

入院患者のいる病棟勤務の看護師さんであれば、土日や祝日も関係なくシフトが入っているので、出席が難しい場合もあります。

看護師長など、上司に事前に相談しておくことをおすすめします。

【例文あり】スピーチを頼みたい・頼まれたら?

スピーチを誰に頼むかも悩む方が多いようです。

個人病院なら院長といった職場の上司を招待するなら、主賓挨拶はその方にお願いすることが多いようです。

もし職場の人を招待しないのであれば、恩師などにお願いしましょう。

スピーチ例文

続いて、看護師さんの結婚式に招待された上司・部下が、スピーチを頼まれた場合の例文を紹介します。


【上司編】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆

○○(新郎)さん▲▲(新婦)さん

そしてご両家の皆様、ご結婚おめでとうございます。私は、新婦▲▲さんが勤務する□□病院の●●と申します。
新婦▲▲さんが新卒で入職してから早6年、看護師としても一人の人間としても、とても立派になられました。
▲▲さんが入職してはじめて配属になったのが、私たちの働く救急外来でした。
分からない事ばかりな上に、肉体的にも精神的にも厳しい現場で戸惑っていたあなたが、2年後には厳しいけれど後輩から慕われる素敵な先輩になり、今日の良き日を迎えられたことを心からお喜び申し上げます。
頑張り屋さんのあなたは、決して弱音を吐かず一人で悩んで頑張ってきたことをみんな知っています。
医療の現場から離れ、○○さんをサポートし家族をケアする立場に替わるわけですが、あなたの優しい性格と何事にも一生懸命なところは、必ず今後の家庭生活の支えになると信じております。
お二人が歩まれるこれからが、輝かしい未来であることをお祈りしております。
本日は誠におめでとうございます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆

【部下編】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

○○先生、新婦の▲▲さん、本日はおめでとうございます。
私は、お二人が勤務する□□病院で看護師をしております、●●と申します。
お二人は私にとって、上司であり人生の先輩でもある尊敬する方々です。
特に新婦の▲▲先輩は、1年目の新人看護師であった私のプリセプターとして、本当に手取り足取り、看護師とは何か?ということから教えて下さった恩人です。
私が大きな失敗をしてしまった時、とても厳しく叱られましたが、そのあと医局長に報告に行った際には、私をかばって自分の責任だと頭を下げて下さった先輩の優しさに心打たれました。
私が、何とか今看護師を続けていられるのも先輩のおかげです。
○○先生のパートナーとなり、先生とご家族だけのナースになられるわけですが、慈愛に満ちた先輩は素晴らしい奥様になられると思います。
本日は、本当におめでとうございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

余興ってどんなのがある?

次に、結婚式に付き物の余興について紹介します。

看護師さんならではの演出で、盛り上がること間違いなしの余興とは?

戴帽式のように、会場を暗くしてろうそくを持ったナースが「ナイチンゲール誓詞」を唱和しながら入場すれば、厳かな雰囲気で感動すること間違いなし?!

最近の結婚式で定番の演出をアレンジした、医療版「新婦取扱説明書」とも言える「愛の処方箋」。

夕食後は毎回「おいしい」と「愛してる」と言うといった、新婦を薬に見立てた処方箋をスクリーンに映す演出。

医師と看護師に扮した2人が新婦を診察し、「愛の病」だと告げ、治療のために必要な薬を処方する演出。

といった余興は盛り上がるのでは?

看護師仲間によるナース服でのダンスは、かなりウケるのではないでしょうか?

他にも、「白い巨塔」や「ナースのお仕事」といった医療系ドラマのパロディも面白いかもしれません。

注意すべきポイントとして、メスや注射器といった医療器具やリアルすぎる演出は、列席者が引いてしまう可能性もあるので、気をつけましょう。

ネイルや服装のマナーは?

看護師さんに限らず、結婚式や披露宴に参列する際には服装やネイルなどに気をつけなければいけません。

服装に関しては、白い服はNGですし、極端なミニ丈のスカート、網タイツやラメのストッキング、毛皮なども避けましょう。

また、日中(昼間)の式や披露宴では肩を露出しないものを選びましょう。

ネイルも、あまりにハデすぎるカラーや、黒などのダークカラー、極端に長いネイルはNGです。

翌日仕事なのでネイルはちょっと…という看護師さんには、ネイルシールやワンタッチで装着できて取り外しが簡単なネイルチップなどがおすすめです。

幸せだけれど大変なこともある一大イベント「結婚式」。

看護師さんだって結婚式を思い切り楽しみましょう!