面接で受からない理由はこれかも? 看護師の不採用にならないための5つのポイント

超高齢化社会と言われる現在、医療現場は人手不足が続いています。

特に看護師さんは引く手あまたで「売り手市場」だと言われ、ますますそのニーズは高まっています。

そういった現状であるにもかかわらず、不採用になるケースが少なからずあるようです。

新卒であっても転職であっても、面接で悪い印象を持たれてしまうと、たとえ人手不足の病院やクリニックでも採用を見送られることは多々あります。

今回は、面接で受からない理由について紹介します。

不採用が続いている新卒の看護学生さんや、復帰や転職したいのになかなか決まらない看護師さんは是非チェックしてみてください。

こんな人は採用したくない!

①一般常識がない人

まずは、病院やクリニックに限らず一般企業をはじめどんな職種の面接でも不採用になる理由である「一般常識がない人」です。

厚化粧や派手な装いで臨む人や、ちゃんとした挨拶ができない人は面接以前の問題です。

面接者との会話で敬語がうまく使えない人や、横柄な態度やだらしない座り方をする人も不採用になりやすいようです。

常識的な服装や身だしなみは最低限のマナーですから、できて当たり前なのでそれをクリアできないと大きなマイナスポイントになります。

キチンとした挨拶や敬語を使って話すこと、さらに相手の目を見て話すといったことも大切です。

②条件を確認しすぎる人

就職・転職する際に給料や休日、勤務時間といった労働条件や労働環境を確認するのはとても大事なことです。

だからと言って、面接でその部分ばかり質問し、条件交渉めいたことまでするのはやりすぎです。

自分の希望ばかりを主張するのはマイナスイメージになりかねません。

これ以上は譲れないという最低ラインを決めておいて、ある程度柔軟に雇用側の条件に合わせることも必要です。

フレキシブルな対応は良い印象を与えます。

③コミュニケーション能力に欠ける人

看護師という仕事は、患者さんはもとより医師や事務方といった他のスタッフとも密接にかかわる、「人」が相手の仕事です。

看護をするうえで患者さんとのコミュニケーションは欠かせませんし、他のスタッフと連携して治療・看護を行っていくためにコミュニケーションは欠かせません。

面接でもその点を見られている場合が多いようです。

受け答えがちゃんとしているか、適切な言葉遣いなのか、突っ込んだ質問にも対応できているかといったことが重要になってきます。

当日慌てないように、希望する職場の情報は事前にある程度把握したうえで面接に臨みましょう。

④仕事に対する意欲が低い・根拠が薄い

たとえ人手不足でスグにでも雇いたいと思っている病院でも、やる気のない人や本当にウチで働きたいのか?と疑問に思ってしまうような人は採用の見込みは薄いようです。

看護師という仕事にやりがいや目標・夢を持っている人は意欲が高いと判断されますし、長く勤めてくれると感じるポイントになります。

また、面接に赴く病院やクリニックをなぜ志望したのか、条件面だけではない志望理由を面接でアピールできないのであれば、志望の根拠が薄いと思われてしまいます。

希望する病院やクリニックが、どういったことに特化したどういう施設なのかをしっかり把握して、自分がどうしたいのかを明確にできるようにしておきましょう。

採用したい人はこんな人!

こういった人はNGという点を4つ挙げて紹介してきましたが、それを踏まえた上でこういった人が採用されやすい、こんな人が面接では好印象といった部分を紹介します。

  1. 挨拶がキチンと出来て、適切な言葉遣いができる
  2. 髪型やメイク、服装といった身だしなみが整っている
  3. 笑顔とハキハキした喋り方
  4. 立ち方・座り方・歩き方などの立ち居振る舞いが良い
  5. 自分の希望だけでなく、雇用側の要望もある程度柔軟に受け入れられる
  6. 看護に対する情熱やポリシーがある
  7. 説得力のある志望動機
  8. 入職したら何をしたいのかといったビジョンがある

 

 

面接で不採用になるポイント、こんな人は採用されやすいといったことを紹介しました。

もしあなたが病院の経営者や人事の責任者だったら、どういった看護師さんを雇いたいですか?

その答えにこそ、面接でどう振舞うのかのポイントが隠れています。

ぜひ入職して欲しい!こんな人を待っていた!雇用側にそう思わせるような面接ができるように万全の準備をしましょう!