皮膚科看護師として働く! 業務内容を詳しく紹介します

皮膚について興味を持ったけど、看護師はどんなことをしているの?といった疑問を持ったことはありますか?

病棟ではどんな仕事をしているのか、スキルアップとしての資格はあるのか、どんな疾患があるのか気になると思います。

今回はそんな疑問にお答えしつつ皮膚科看護師の業務内容を紹介します。

まずは、皮膚科の特徴を押えていきましょう。

 

皮膚科の特徴

普通、診療科での看護師の業務は「外来か病棟か」で分けて紹介されることが多いですよね。

しかし皮膚科の場合、専門の病棟を設けている病院は少ないです。なので外来がメインです。

基本的に皮膚科は単科の病棟は少なく、複合病棟で運営している病院が多いです。

それ以外だと、皮膚科看護師の職場はクリニックになります。

また、皮膚科は他科に比べて重症例が少なくなっています。

皮膚科に来る患者の症状

皮膚科は一般皮膚科と美容皮膚科に分類できます。

一般皮膚科

一般皮膚科に来院する患者の主な疾患は以下の表のようになっています。

引用:東大病院

具体的な病名で言えば、皮膚炎・湿疹はアトピー性皮膚炎接触皮膚炎・脂漏性皮膚炎・皮脂欠乏性皮膚炎(乾皮症性湿疹)、蕁麻疹は血管性浮腫(クインケ浮腫)・急性痒疹・皮膚そう痒症などです。

主に、ニキビ、やけど、凍傷、虫刺され、乾燥なども診療しています。

皮膚科は皮膚の表面のみを診るイメージがあるかもしれませんが、筋肉や骨などの深部も見ることが必要なようです。

美容皮膚科

美容皮膚科とは、美容のための皮膚状態の改善を目的とした診療となっています。

患者の目的は主にニキビやニキビ跡、毛穴ケアなどの肌トラブルの解決、脱毛となっています。

 

皮膚科看護師の業務内容の紹介

クリニック・病棟の場合

一般病院の皮膚科病棟は少ないので、規模の大きい病院の中から探すしかないようです。

また、規模の大きい病院でも、皮膚科の病棟自体小さことが多いので、配属されるかどうかも難しいようです。

業務内容は他の診療科のクリニック・病棟と同様です。

クリニックは診察前の問診、医師の診察介助、処置の実施、診察後のケア・フォローです。

主に行う処置は難航の塗布、注射、点滴などです。

病院では与薬、移動の補助、処置、清潔の援助などです。

違いは、病院では清潔や排せつなどの身の回りの援助を行います。

特徴といえば注射や点滴の穿刺が難しいようです。なぜなら、皮膚にトラブルを抱える患者が多いので、皮膚が弱いことが多いようです。

 

美容皮膚科の場合

美容皮膚科での看護師の業務内容は、注射、点滴、レーザー照射、機材準備・片付け、電話対応、患者への治療前後の説明、化粧品を扱う場合は販売などです。看護業務でない業務も多いようですね。

美容皮膚科では病棟と違い、主にADLが自立している患者が多いので、身の回りの援助は少なく、看護技術は点滴・注射がメインのようです。

 

皮膚科看護師が専門性を高めるための資格

病院の場合

より高度な知識・技術を取得するための資格が2つあります。

  • 日本皮膚科学会 皮膚疾患ケア看護師
  • 日本看護師協会 皮膚・排泄ケア認定看護師

一般的に知られている資格は日本看護師協会の認定看護師です。創傷・オストミー・失禁の看護分野において質の高い看護を実践することができる資格です。

 

美容皮膚科の場合

美容皮膚科は正看護師の資格はもちろん、エステティシャン等の美容の資格や講座を受講するほうが良いようです。

資格取得に至らずとも、講座に通っていたり勉強中であることをアピールすると好印象です。

主なエステティック協会の認定資格はこちらです。

  • 日本エステティック協会 認定エステティシャン
  • 日本エステティック業協会(AEA)認定エステティシャン
  • ソワンエステティック協会 認定エステティシャン

また、化粧品などの物品販売をすることがあるので、営業力や接客力を身に着けておくと良いですね。

 

 

皮膚の奥深さをさらに追及したい場合は皮膚排泄ケア認定看護師をおすすめします。

看護師以外の業務も興味がある方は美容皮膚科クリニックに就職するのもいいと思います。 ご自身の向き・不向きにも関わるので、一度看護師として何をしたいのかを考えてみるとよいかもしれませんね。