看護師は高収入ってホント?給料データを徹底比較!年収アップの為の対策とは!?

看護師さんは過酷なお仕事だけれど、高収入だとよく言われます。

実際にそうなのでしょうか?

私の年収って他の人と比べてどうなの?と感じている現役ナースの方から、

看護師を目指して頑張っている看護学生さんまで、看護師さんの年収に関する記事をチェックしてみてください。

私の年収は平均より…?

まずは看護師さん全体の平均年収から紹介します。

厚生労働省の平成29年賃金構造基本統計調査によると、看護師さんの年収平均額は478万円です。

これは平均年齢が39.3歳で、内訳は給与が月額33万1900円に賞与が79万9900円となっています。

たとえば、同じように過酷な労働環境の保育士さん(342万円・35.8歳)や福祉施設介護員さん(313万円・40.8歳)と比べるとかなり高収入と言えます。

とは言え、同じ医療系の薬剤師さん(543万円・39.0歳)よりもやや少ない年収です。

全職種の平均491万円よりもやや低い年収ですが、全職種の女性に限った平均額378万円よりは、かなり高い年収です。

つまり女性の職業としては高年収であることが分かります。

同じ看護師なのに!!年収格差が生まれる理由

478万円という年収は、看護師さん全体の平均額ですからもっと高収入の看護師さんもいれば、平均より低賃金で働く看護師さんもいることになります。

この年収の格差はどういったことで生まれるのでしょうか?

まず考えられるのが勤務する施設による違いです。

国立や公立の病院と、民間の病院とでは年収で100万円ほど、もしくはもっと差が出ることもあります。

他にも勤務形態の違いも大きく関わってきます。

夜勤がある病棟勤務の看護師さんと、日勤のみのクリニック勤務の看護師さんでは時間外手当などでかなり差が出るようです。

看護師の平均年収は高いって聞くけど本当?
6つのパターンで比較してみました!

看護師さんの間でも年収に違いが出る理由を6つのパターン別に比較してみました。

職業別

先程も少し触れましたが、夜勤のある病棟看護師さんと日勤のみの看護師さんでは年収に差があります。

他にも、高齢者や障害者向けの施設に勤務する看護師さんは、病院勤務の場合より年収が低いことが多いようです。

大卒と専門卒

看護師資格を取得するには4年生の大学を卒業するか、3年制の短期大学や専門学校を卒業する場合が一般的です。

大卒の場合と専門学校卒では、多少大卒の方が高収入ですがそれほど大きな違いはありません。

勤続年数別

前出の平成29年賃金構造基本統計調査で、年齢別の看護師さんの年収を見てみると、一番高い平均年収なのは65~69歳の496万円で、一番低いのは20~24歳の347万円となっています。

経験年数が長いほど高収入なのは、師長などの役職に就いている方が多いからとも言えそうです。

全国平均

先程挙げた、看護師さんの平均年収478万円は全国平均です。

各都道府県によって看護師さんの年収は多少差があります。

東京都や愛知県、京都府といったところが年収ランキングで上位に入っています。

やはり、都市部の方が病院やクリニックなどの施設が多いのが一因ともいわれています。

男性看護師と女性看護師

どの職種にも言えることですが、同じ職業でも男性と女性では多少収入が変わってきます。

看護師さんも同様で、20代ではさほど差はありませんが、年齢・経験年数が上がるに連れ男性看護師の方が高収入になっていきます。

看護師と准看護師

看護師資格には2種類あり、以前は正看護師とも呼ばれた看護師と、准看護師とがあります。

業務内容に微妙な違いがありますが、ほとんど同じ業務をこなすという現場もあります。

年収はやはり准看護師さんよりも、看護師さんの方が少し高収入です。

比較したから見えた、看護師さんが”高収入”と言われるわけ

男女計で比べたところ全職種を通じた平均年収より看護師さんの平均年収はやや低い金額になっています。

にもかかわらず、世間一般には看護師=高収入というイメージがあるのはなぜでしょうか?

看護師さんの大半は女性で、男性看護師さんはかなり少数です。

女性に限った平均年収比較では、看護師さんは高収入な部類になります。

また若年層に限った比較では、看護師さんはかなり高収入です。

しかも、結婚・出産・子育てを経てから復帰する方も多く、

勤続年数が上がり師長などの役職に就くことでさらに高収入になる場合もあります。

そういったことから、

看護師さんは高収入といった認識が世間では持たれているのではないでしょうか?

看護師不足な現状、今後給料はどうなるの?

看護師さんの平均年収はやや増加もしくは、ほぼ横ばいです。

データだけを見るとあまり楽観的ではありませんが、すでに超高齢化と言われる日本では、看護師さんの人手不足が問題化しています。

高齢化はますます進むと言われていますので、看護師さんの需要はさらに高まると考えられます。

特に都市部では人手不足も深刻で、そのため有能な看護師さんは高給でも雇い入れたい施設は多いのではないでしょうか?

やはり、看護師さんのニーズがさらに高まるのは間違いなさそうです。

現状のままでいたくない。年収・給料UPするためにできること。

看護師さんの業務は、肉体的にも精神的にも大変なものです。

たしかに女性の職業としては高収入な部類に入るかも知れません。

責任ある大変な仕事だからこそ、それに見合う年収を望むのは当然です。

そのために出来ることは、例えば認定看護師や専門看護師といった資格を取ってキャリアップするのもいい手です。

他には、病床数の多い施設や社会保険関連の病院といった高給が望める職場に転職するのも有効です。

スキルアップ・キャリアアップで師長や管理職を目指すことも考えられます。

せっかく始めた看護師という職業、大変ですがやりがいのある素晴らしい職業ですから、

もっと上を目指してみるのも大事ですね!