ちょっと珍しい?! 医療刑務所での看護師の仕事って?

医療刑務所を知っていますか?

看護師が活躍できる場所は、主に病院やクリニック、学校、企業だと思われがちですが、それだけではありません。

なんと、刑務所でも看護師として働くことができます。

それでは、ちょっと珍しい勤務先「医療刑務所」とは何か?

どんな働き方ができるのか?など、気になる疑問にお答えします!

医療刑務所ってどんな場所?

医療刑務所は、全国にある一般的な刑務所のうち、

特に専門的な医療・看護の提供が必要な受刑者が収容される刑務所のことです。

一般的な刑務所にも、疾患やケガに対処する医務室がありますが、

そこでは対応しきれない疾患を抱えている受刑者が多いところでもあります。

必ずしも、被収容者全員が重い疾患を抱えているというわけではなく、

刑務作業(食事作りや掃除など)を行う人も収容されているそうです。

被収容者が早く社会復帰するために、心身ともに健康になる必要があるでしょう。

そのために、専門的な医療・看護を提供する目的があります。

詳しく知りたい方は、法務省の「矯正医療パンフレット」をご確認ください。

場所と主な収容分類

医療刑務所は、全国で4か所しかありません。

どこで、どのような受刑者が収容されるのかを表でまとめてみました。

被収容者の主な疾患

この図に記載されている疾患以外にも、

様々な疾患を抱えた被収容者を相手にすることが多いでしょう。

医療刑務所での仕事を見てみよう!

医療刑務所といっても、様々な仕事があります。

ここでは、2つの仕事の主な内容をご紹介します。

  • 「看護師としての仕事」
  • 「看護の知識や技術などを教える専任教官としての仕事」

主な仕事の内容

 (※専任教官は、看護教員養成講座修了者であることが必須です。)

一般的な刑務所(医務室)の場合

一般的な刑務所では、医療・看護の提供を必要としない人が多くいます。

そのため、被収容者の健康管理をしたり、ケガや体調不良などが生じたときに、

治療をしたりするそうです。

安全面

医療・看護の提供時、一人ではなく、刑務官とともに患者のところへ向かいます。

刑務官が一緒にいるため、被収容者からの暴行はないといわれています。

医療刑務所で働く看護師の給料は?

医療刑務所で働く看護師の給料は、

月収…およそ20万~40万円だそうです。

  (基本給+地域手当)

医療職俸給表(三)が適用される看護師の業務となるでしょう。

俸給表は改正されることがあるので、最新のものをご確認ください。

(参考:「平成30年人事院勧告」)

国家公務員(法務技官)の看護師として働くため、

良い待遇を受けられるかもしれません。

経験によって、給料がプラスされる場合もあるみたいです。

医療刑務所で働きたい!

医療刑務所で働くために、求められることが多いもの

働き方によって、条件が追加されたり、必要な経験年数が変動すること場合があります。

どうやって医療刑務所で働くの?

向いている人は…?

  • 国家公務員として責任感ある人
  • 精神的に異常のある人が多く収容されているため、忍耐力のある人

というような人が向いていると思われます。

まとめ

医療刑務所がどのようなところか、また、看護師としてどのように働けるかなどを

知っていただけたでしょうか?

転職先を考える際に、医療刑務所という選択肢を考えてみてはいかがでしょうか?

今までにはなかったような発見があるかもしれませんよ!