早わかり!ADLのポイント

「ADL」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。

ADLは、主に介護に携わる人(介護福祉士やケアマネージャーなど)が、

よく使う言葉だと思われますが、看護師も理解しておきたい言葉でもあります。

ここでADLのポイントを理解して、普段の仕事に役立てましょう!

よく聞くADLって何?

意味

ADLとは、「Activities of Daily Living」 の略語で、日常生活動作と訳されます。

日常生活動作は、私たちが日常において行っている習慣的な動作のことです。

主に、高齢者や障がい者の自立度をはかるために用いる、重要な目安になります。

評価項目に対して、「できる」「できない」、「している」「していない」などでチェック&点数化し、どのくらいの介助支援が必要かを知ることができます。

  • 食事
  • 入浴
  • 移動(ベッドから椅子)

などの項目からADLを評価するそうです。

さらに詳しい項目は後述の表にて!

種類

ADLには大きく分けて2つの種類があります。

①ADL(基本的日常生活動作)

正式名称は、BADLといい、「Basic ADL」の略語です。

一般的に、ADLはBADLのことを指します。

②IADL(手段的日常生活動作)

ADLのような身の回りの基本的な動作より、複雑化した動作のことです。

詳しくは後述します。(「ADLとIADLの違いを比較!」)

ADLを評価する目的

患者のADLを知ることができれば、転倒・転落の対策を立てたり、

排泄や食事の介助など、患者の手助けになることができたりするかもしれません。

患者が安心して生活するうえで、ADLを評価して、患者の状態を知っておくことは、

大切なことだと言えるでしょう。

ADLとIADLの違いを比較!

IADLとは、「Instrumental Activities of Daily Living」の略語で、

手段的日常生活動作のことを指します。

IADLには、以下の動作が含まれます。

  • 電話でのコミュニケーション
  • 買い物
  • 家事(洗濯、掃除、食事の準備など)
  • 移動(公共機関を使用して、一人で移動が可能か)

などの項目により、IADLを評価していきます。

ここで、ADLとIADLを分かりやすく比較するために、表で見てみましょう。

図から分かるように、IADLはADLに比べると、思考が入った高度な動作のため、

IADLが低下してからADLが低下する、という順序になります。

そのため、患者のIADL低下を早期発見すれば、ADL低下の予防ができるかもしれません。

ADLが低下すると…?

ADLが低下すると、どのようなことが起きるのでしょうか。

ADLの評価方法や、低下する原因なども含めて、見ていきましょう。

 ①ADLが低下すると起こり得る症状

・廃用症候群

(長期間の寝たきり状態による、身体能力の大幅な低下や、精神状態の悪化などの症状)

 ・患者の介護度が進む

(自力でできることが少なくなる)

 ②低下する原因って何?

 主な原因は、老化、生活習慣病(特に糖尿病)や神経疾患などの病気、

 合併症(脳卒中や心筋梗塞など)、薬の副作用です。

 背景には、

  ・身体機能や認知機能の低下

  ・精神面、社会環境による影響

 が挙げられます。

 ADLは、社会的要因・精神的要因・身体的要因の3つの要因と密接に絡み合い、

 相互に作用しているため、どれか一つでも低下すると、ADLの低下につながります。

 ③どうやってADLを評価しているの?

 ADLやIADLが低下しているかどうか、反対に、自立度が高いかどうかを調べるために、

 以下のような指標を用いるそうです。

 ADLの評価

 IADLの評価

さらに細かいチェック表は、日本老年医学会のHPにありますので、

ADLの評価方法について、詳しく知りたい方はご確認ください。

ADLの低下を防ごう!

ADLの低下を防ぐためにできること(ケアやリハビリの仕方など)を紹介します。

~ケアの仕方~

〇できること(特に作業する動作が少ないこと)は患者自身にやってもらう

〇道具の種類や大きさなどの見直し

  ex)タオルの大きさや厚さの変更、用途ごとに分けるなど

~リハビリ~

〇ウォーキング

〇ストレッチ

リハビリを拒否された場合、患者の意欲低下(精神面)に問題があるといえます。

リハビリをしなければ、筋力が衰え、さらにADLが低下してしまうでしょう。

リハビリを拒否されたら、患者の話に耳を傾け、何か不安なことがあるのかを把握し、その対策をすることが大切です。

寝たきりの患者にリハビリを拒否されること

(ベッドから離れたくない、人と関わりたくないなど)があります。

他にも、ADLが低下している患者から、リハビリを拒否される例があります。

ex) 患者A「リハビリをする意味が分からない」

  Aさんの場合では、Aさんの最終目標を伝え、そこに達するまでに必要な動作や作業を丁寧に説明すれば、リハビリの必要性が分かりやすく伝わるのではないでしょうか。

~環境の調整~

ADL低下の対策として、下記などが挙げられています。(患者の自発的な行為のうち)

〇外出する機会を増やす

(ストレスにならない程度に)

〇他人とコミュニケーションを取る

(患者との交流を図ってみてはいかがでしょうか)

〇社会参加の機会を増やす

(人に頼られる、外部の人から役割を与えられるなど)

などがあります。

また、合併症によるADL低下の場合、病の治療が必要となります。

患者に合った方法で、対策を取るようにしましょう!

生活しやすくするサポートとして、高齢の患者や障がいのある患者たちのために、

できることから始めてみませんか?

そのために、看護師のみなさんもADLのポイントをおさえて、

お仕事に役立てていってくださいね!