看護師って本当に休めるの?気になる休日数と休日出勤について

看護師の休日ってどのくらいあるの?

看護師さんのお仕事は、身体的にも精神的にも激務です。

だからこそ「休日」をしっかり取ってリフレッシュすることが重要ですが、

看護師さんの休日は多いのでしょうか?それとも少ないのでしょうか?

厚生労働省の調査によると、労働者1人あたりの年間休日数の平均は113.7日だそうです。    (出典:平成 29 年就労条件総合調査の概況

看護師さんの年間休日の平均は115日程度で、110日~125日ぐらいだと思われます。

大学病院や国立病院機構、公立の病院などはおおむね休日が多く、125日以上のところも多いようです。

逆に、民間病院の病棟勤務の看護師さんであれば、

年間休日が100日程度という場合もあるようです。

外来のみの病院やクリニックで土・日・祝日に休業する施設なら休日は多いですが、

カレンダー通りのお休みではない療養施設や介護施設などは、やはり休日が少ないようです。

取得できる休暇一覧

年間休日の中には土・日・祝日の通常のお休みの他に、お盆・年末年始のお休みや有給休暇といった休日も含まれます。

夏季休暇や年末年始休暇をしっかり取れる施設とそうでない施設では、年間休日がかなり違ってきます。

また、有給休暇をちゃんと取れるかどうかも重要です。

他にも産休や育休、介護休暇などの制度を設けている施設も少なくありませんが、実際にそういった制度を利用できていない場合もあります。

有給休暇はあるけれど実際にはほとんど取ることができないという施設もあり、

休暇制度が有名無実化している場合もあるようです。

本当に休めるの?気になる看護師の有給取得率

では、実際に看護師さんの有給休暇取得率はどのくらいなのでしょうか?

日本医療労働組合連合会が2014年に発表した調査報告書によると、看護職員(保健師・助産師・看護師・准看護師)の年次有給休暇取得の平均は8.86日。

そのうち、「20日以上」はわずか5.6%で、平均に近い「10日以上」は44.5%です。

しかし、「5日以下」と回答した看護職員が31.4%にものぼり、

「0日」という人も3.3%いました。
出典:看護職員の労働実態調査「報告書」

国立病院機構や保健センターなどの公的機関や、国立・公立の大学病院は比較的年次有給休暇を取得しやすい傾向にあります。

しかし、民間の病院やクリニックなどで人員が不足している施設では有給を取得できない、

もしくは取得しないように要請されるといった場合もあり、問題となっています。

また、職場の人間関係が良好な施設では有給休暇の取得率の高い施設が多く、人間関係がギスギスしていたり、スタッフ管理が行き届いていなかったりする施設では有給取得率が低い傾向にあるようです。

看護師の休日の過ごし方

看護師さんは激務と言われます。

身体的にも精神的にも厳しいお仕事ですから、休日はしっかり休んでリフレッシュすることが不可欠です。

病棟看護師さんなどでシフト制勤務の人は、生活のリズムが狂いがちなので、夜勤明けに生活リズムを整えることも重要です。

では、看護師さんの休日の過ごし方をいくつか紹介します。

~気分転換を兼ねた習い事~
料理教室、テニススクール、英会話教室…夜勤明けや休日、それも平日の昼間にいくつか通っていました。
医療関係者は意外に多いみたいです。
そこそこお給料はもらっているので、習い事にお金をかけることもできるのでストレス発散も兼ねていろいろやりました。

~とにかくショッピング!~
私の場合はとりあえず買い物に出かけます。
同僚や、時には学生時代の友人を誘ってショッピングモールに繰り出します。
あまり高価なものは買いませんが、いろいろ結構買い込んでスカッとすることが多いです。

~リラックス~
夜勤明けはゆっくり過ごします。
美容院やエステ、ネイルなんかに行ってリフレッシュすることもあるけれど、基本自宅でリラックスします。

~研修など勉強~
新人の頃は良く休日にも研修に出かけました。
院内の研修や外部の勉強会や学会など…今は体を休めるのに必死でそんな元気はありません!

休日出勤って何?

土・日・祝日が休業の施設であればあまり関係ありませんが、病棟勤務でシフト制の看護師さんなら休日出勤を一度ならず経験されているのではないでしょうか?

もちろん、休日出勤が皆無という施設もあるとは思いますが、多くの病院や施設では急な欠勤などで休日に出勤を要請、もしくは強要されることもあると思います。

他にも、休日に院内や院外で行われる研修会や勉強会などに参加させられる場合や、

入院患者の急変などで急遽呼び出されることもあります。

休日出勤は、割増賃金を支給しなければならないと定められていますし、給与査定で優遇されるといったこともあるようです。

休日出勤が多い職場・ケース

休日出勤の有無やその頻度は、勤務する職場によってかなり違うようです。

たとえば病棟や介護施設・療養施設は基本24時間体制で休日や曜日に関係なく業務が行われています。

スタッフの急用や急病などでシフトに穴が開きそうな場合、休日になっている人員で補充することも多いようですから休日出勤も多くなりがちです。

一方、外来のみの病院やクリニックは土・日・祝日に業務を行っていないところが多く、休日出勤も無いということになります。

またデイサービスや訪問看護ステーションも、基本土・日・祝日が休みの施設が多く休日出勤は少ないようです。

入職する際には、休日数や有給などの休暇制度の有無、休日出勤の有無や頻度などをしっかり把握しておきましょう。