”人間関係”でお悩み中の看護師さん必見! 愛され看護師になるための㊙術。

職種を問わず人間関係のトラブルはストレスの原因ですし、退職や転職の理由として常に上位にランクされています。

看護師さんの職場も例外ではありません。

それでなくても患者さんの命を預かる責任の重いお仕事なのに、職場の人間関係でさらにストレスがたまるのはきついですね。

今回は、看護師さんの人間関係についてリサーチしました。

よくあるトラブルやその解決策、実際にトラブルに見舞われた現役看護師さんの体験談などから、人間関係を円滑にするヒントなどを紹介します。

人間関係で悩んだとき、一人で抱え込まないで。看護師あるある

まずは、看護師さんが人間関係のどんなことでお悩みなのかを挙げてみましょう。

患者さん

入院という非日常で患者さんもストレスがたまっています。

ちょっとしたことでイライラしたり、声を荒げたりしてしまうのも致し方ありません。

「採血が下手だ」とか「扱いが雑」など、陰口を言われることもあります。

先輩・同僚・後輩

本来なら、責任のある職場で切磋琢磨し共に成長していける仲間であるはずの先輩や同僚、後輩との軋轢はよくあることのようです。

人手不足で業務が忙しく、残業や夜勤で殺伐とした職場ではつい対応が厳しくなってしまいがちです。

異性関係

同じ職場の医師や同僚と恋愛関係になったりすると、他の看護師さんから妬まれたり嫉妬されたりするのはよくあることです。

他にも、医師や師長から褒められたり頼りにされたりしても、妬みの対象になることがあります。

人間関係が悪くなってしまった原因・きっかけは?

もちろん、先程挙げたような人間関係悪化のあるあるがあっても良好な関係を保っている看護師さんもいます。

職場を構成する人達によって大きく変わりますが、人間関係が悪くなるには、それ相応の原因やきっかけなどが存在する場合があります。

相手に嫌われたり妬まれたりするような言動を、知らず知らずのうちに取ってしまっていたら?

たとえば、師長のお気に入りであることを自慢気に同僚に喋ったり、同じ職場の医師と交際していることを吹聴したりといったことは、人間関係悪化の原因になりかねません。

まずは自分の行動を振り返ってみましょう。

人間関係を良好に保つためには?

では、人間関係を良好に保つために注意したいポイントをいくつか紹介します。

コミュニケーション

何となく敬遠されているなと感じると、こちらもつい避けてしまいがちです。

話してみればちょっとした誤解だったということもありますから、日頃からコミュニケーションを取っておきましょう。

陰口に参加しない

もし陰口など特定の人を非難する会話があれば、同調したりせず取り合わないようにしましょう。

必要以上に干渉しない

同僚と話す際などに、プライベートなど必要以上に深く追求したり干渉したりはトラブルのもとになるので気をつけましょう。

思いやりの気持ち

人手も足りない中、やることが多くつい苛立ったり言葉が荒くなったりしがちですが、患者さんはもとより、同僚に対しても思いやりの気持ちを忘れないように接しましょう。

先輩看護師から学ぼう。こんな時、私はこうして乗り切った!

トラブルに遭遇したけれど、こうやって乗り切ったという看護師さんの体験談をご紹介します。

東京都内の大学病院を28歳で退職して、地元の小さな個人病院に入職してすぐに主任である30代の先輩ナースと関係が悪くなりました。

「東京で働いていたのにこんなことも分からないの?」と言われ、「もっと考えて動いて」と叱責ばかりです。

休憩や食事で一緒になっても無視され、毎日出勤するのが辛い日々でした。

このままでは地獄だと思い、思い切って主任に近寄って見ることにしました。

嫌味を言われても素直に謝り、何かする際には主任に意見を求め、分かっていることでも教えてもらうように努めてみました。

すると、すこしずつ主任の態度が軟化し、数か月後には食事時には談笑するほど関係が改善しました。

後で主任に尋ねたところ、東京で働いていた私が地方の看護師を馬鹿にしていると思い込んでいたらしく、意思の疎通を欠いていた私にも原因があったのだと反省しました。

いじめや無視といった嫌がらせを受けたら自分の殻に閉じこもりがちです。

まず、自分の言動に問題はなかったか考えてみましょう。

相手の気持ちになって考えてみれば解決することもあります

自分なりのストレス発散法を見つけよう。

看護師さんが実践している、人間関係のトラブルなどで疲弊した心を癒すストレス解消法をいくつか紹介します。

おしゃれ

エステや美容室、マッサージなど自分磨きで女子力をアップしてストレス解消と一石二鳥です。

仕事とは無関係の友人に会う

他業種の友人と愚痴を言い合ったり励まし合ったりするのも有効な発散方法です。

日記や手記を書く

手軽ですが意外に効果的なのが、その日にあった良かったことや嬉しかったことの「日々の小さな幸せ」を書くことです。

食べる

美味しいものやスイーツなど、食べることでストレス発散をする看護師さんは多いようです。

眠る

ぐっすり眠ること、それだけで心が和らぎます。

それでも、心が壊れてしまいそうなときは…

解決方法を模索してみたり、ストレス発散に勤めてみたりしたけれどやっぱり無理…

心や体が壊れてしまいそうになったら辞めるという選択も必要です。

部署の異動を願い出たり、他の職場へ転職を考えたり、思い切って仕事を辞めてしばらくゆっくりしてみるのもいいかもしれません。

患者さんを元気に、そして笑顔にするためには、自分も笑顔で元気でいることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です