看護師にお勧めの副業はこれ! ぴったりの副業を教えます

看護師なのに副業…?と、ピンと来ない。

収入もそれなりにあるはずなのに副業する必要あるの?大変じゃない?

と思う方もいると思います。

ではなぜ看護師が本業のほかに副業するのか、どんな副業をしているのかなどを紹介します。

なぜ看護師なのに副業するの?

副業をする看護師の理由は様々あります

収入をアップさせたい

欲しい物への貯蓄や、家賃の支払い、交遊費など生活のレベルを高く設定している人は本業のみでは満足せず、足りないと感じ、副業で自由に使えるお金を増やしているようです。

本業以外の仕事をやってみたい

本業の看護師では経験できないことを副業に求める人もいるようです。

気分転換にはいいですね。

急な出費があり、お金が必要

身近な人の入院や持病のための医療費など、急な出費があったために生活維持のため、副業をする人がいるようです。

などです。これは一例なので、人によってこのほかにも理由があります。

どんな副業が人気なの?

副業の種類としては、「資格を活かすもの」と「資格の有無を問わないもの」があります。

資格を活かすもの

・本業と別の病院で夜勤のバイト

・ツアーナース

・イベントナース

・検診や健診

・デイサービス

・訪問入浴

などです。

資格を活かさないもの

・飲食店でのバイト

・バー

・在宅でのワーク

・モデル

などなど、様々あります。

ここに注意!

無条件で副業が禁止されている職場があります。

それは…

国公立病院です。

国公立病院で勤務している看護師は公務員扱いとなり、公務員は副業禁止となっています。

他に一般の病院でも、規定によって副業が禁止されている病院に勤務していると、副業ができません。

しかし、投資などは副業に含まれない可能性があるので、やりたいと考えている人は相談してみてくださいね。

他の注意点として、本業に支障のない範囲で行うことです。

副業のデメリット

副業によって、注意してもらいたい点があります。

確定申告を自分でする必要がある場合がある

副業で得た所得が20万円以上、または給与所得であれば、所得税の確定申告をする必要があります。

プライベートな時間が少なくなる

プライベート時間を副業に割くので、自分で自由に使うことができる時間が少なくなります。

疲れる

副業を行うことで疲労が蓄積し、本業に支障が出る場合があります。

あくまで副業は副業なので、本業がおろそかにならないように注意が必要です。

看護師には様々な副業が選択肢としてありますが、自分に合った副業を見つけてみるといいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です