看護師と理学療法士の違いって知ってる?  業務内容などを徹底比較!

皆さんは、看護師と理学療法士の違いをご存知ですか?

また知っていてもどっちの道に進もうか迷っている人もいると思います。

今回は看護師と理学療法士の違いを業務内容や給与などから比較してみたいと思います。

看護師ってどんな仕事?

看護師の主な業務内容は「診療の補助」と「療養上の世話」です。

診療の補助とは

看護師は医師の指示により採血、静脈注射、点滴、医療機器の操作、処置などの医行為を行い、診察や検査、治療がスムーズに進むようサポートします。これを診療の補助といいます。

療養上の世話とは

食事・清潔・排泄・入浴・移動のほか,病室内の環境整備,ベッドメーキングなど、身の回りの世話のことを言います。

 

つまり病院の中では看護師は患者の身近にいて、患者と直接的に関わることが多い仕事です。

また、入院生活でも患者の近くにいてケアを行い、患者を支えます。

理学療法士ってどんな仕事?

けがや病気、高齢によって身体に障がいが生じてしまった人の基本的な動作能力のリハビリや維持、悪化の予防などを行います。

また主な業務内容は「運動療法」と「物理療法」を行います。

運動療法

患者に運動してもらうことで関節を動かしやすくし、筋力回復をします。

物理療法

熱、水、電気による刺激を患者さんに与え、運動能力を回復したり痛みを和らげます。

 

つまり、病院の理学療法士は患者のリハビリを行うことで患者の回復を支えます。

看護師と理学療法士の違いはここ

以上のまとめも踏まえて、看護師と理学療法士の違いを見ていきましょう。

業務内容

病院での看護師の業務内容は多岐にわたります。しかし、治療を行うことはなくケアが中心です。

しかし理学療法士の業務はリハビリなどの治療です。なので直接的に患者に関わることができます。

勤務形態

病棟の看護師は24時間体制で患者をみるため、シフト制です。また勤務時間や休日も一定ではないので不規則的です。

一方理学療法士は日勤が基本であり、夜勤はありません。規則的な生活をしたい人には理学療法士をおすすめします。

勤務場所

看護師は大きな病院からクリニックまで全ての医療機関で働くことができます。また、介護施設や保健施設、保育園、一般の企業など、医療の分野以外にもたくさんの就職先があります。

理学療法士の主な職場はリハビリテーション科がある医療機関や老人保健施設、デイケア(通所リハビリテーション)などです。総合病院やリハビリテーション病院にはリハビリテーション科は必ずあります。また訪問リハビリも近年は増えてきました。

気になる給料は…?

厚生労働省が発表した平成27年の職種別賃金額の月額を見てみましょう。

看護師は29万5700円で、理学療法士は27万4000円でした。

また、年間賞与などのその他特別給与額は、

看護師で83万2700円、理学療法士は63万9900円でした。

どちらをとっても看護師のほうが金額は高いです。

看護師は夜勤をするため夜勤手当がつくなどによってこの差が生じるのではないかと思います。

 

いかがでしたでしょうか。

看護師と理学療法士で悩んでいる人は、患者とどう関わりたいのか、生活スタイルの中に仕事を組み込むことができるかの面で考えるといいと思いますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です