意外と知らなかった!デイサービスで働く看護師さんって?

看護師さんの働く職場と言えば病院やクリニックが一般的です。

他にも、老人ホームや児童養護施設といった福祉施設や、保健センターなどの公共機関が思い浮かびます。

そんな看護師さんの働く場所として、最近注目されているのが、デイサービス施設です。

今回はデイサービスで働く看護師さんのお仕事内容や年収、働く上での注意点や就職・転職の際の志望動機まで調べてみました。

病院などの医療機関でのお仕事が厳しいと感じている看護師さんや、デイサービスに就職希望の看護学生の方は是非チェックしてみてください。

 

デイサービスで働く看護師の一日

デイサービスという言葉を最近よく耳にしますが、実際にどういったサービスなのか、詳しく正確に知っている人はそう多くないのではないでしょうか?

デイサービスは通所介護とも言われ、高齢者に食事や入浴、機能訓練やレクリエーションなどを提供する日帰りのサービスのことを言います。

他にも、障害児童対象の児童デイサービスや、児童対象の放課後等デイサービスがありますが、今回は老人福祉法に基づく老人デイサービス施設を紹介します。

デイサービスには、1日型と半日型があります。

1日の流れを比較しながら、デイサービスで働く看護師さんのお仕事内容を紹介します。

表の太字になっている部分が看護師さんが直接関わる部分です。

少ないように思いますが、実際には介護士のサポートとしてほとんどのスケジュールに関わることが多いようです。

それ以外にも、服薬管理や口腔ケア、急変時対応、さらに必要な場合インシュリン注射やカテーテル管理といった医療行為も含まれます。

 

どんな人と働くの?

デイサービス施設には、看護師さん以外にもたくさんの職員がいます。

通所介護施設・デイサービス施設の人員配置としては…

・管理者…施設全体の統括管理者、専従の常勤者(兼務可)
・生活指導員…施設の中間管理職的な中心的存在、社会福祉主事など(兼務可)
・介護職員…ケアサービスの実行者、提供時間帯に応じて専従(兼務可)
・看護職員(看護師または准看護師)…健康管理などを行う、専従(複数の場合兼務可)
・機能訓練指導員…施設でのリハビリ担当、理学療法士・作業療法士など、専従

平成28年から、利用定員18名以下の小規模施設は地域密着型介護施設に移行し、その人員要件も緩和されました。

看護職員については、利用定員が10名を超える施設については「通所介護の単位ごとに時間帯を通じて専従する必要はないけれど、提供時間帯に事業所と密接にかつ適切に連携を行う人が1名以上必要」とされています。

一方、利用定員が10名以下の小規模施設は、「看護職員又は介護職員のいずれか1名の配置」となっています。

小規模施設では、看護師さんの需要は減ってしまうのかもしれません。

年収・勤務時間は?

病院勤務の看護師さんは、同年代の一般職の人と比較すると年収は高いですが、これは夜勤があるからです。

日勤のみの看護師さんは、それより少し低くなります。

ではデイサービスで働く看護師さんはどうでしょうか?

求人などを調べてみたところ、月給で21万円~25万円ぐらい、年収にして350万円ぐらいが平均といったところです。

パートやアルバイトであれば時給1200円~2000円と、施設によってかなり差があるようです。

病棟看護師さんなら、450万~500万円が平均年収なので、夜勤が無い分デイサービスの看護師さんは収入が低めです。

勤務時間については、1日のスケジュールがしっかり決まっていて、スタッフの役割分担もはっきりしているので残業は少ないようです。

9時~5時は難しいとしても、8時半から5時半で1時間休憩を入れて8時間勤務といった施設もあるようです。

働く上での注意点とは?

デイサービス施設には看護師さんをはじめとして、介護士や理学療法士、社会福祉士などいろいろな職業の人が、管理者や生活指導員といったいろいろな立場で働いています。

デイサービスの看護師さんのお仕事は、病院勤務の看護師さんと比較すると、医療行為は少ないですが介護の部分も多く、広範囲にわたります。

そのため、他のスタッフとの連携は不可欠で、できれば良好な関係を築いておきたいところです。

利用者と接する時間も長く、体調などに目を配るのはもちろん、コミュニケーションも円滑にできなければなりません。

一方、インシュリンの注射やバルーンカテーテルの管理といった医療行為は、医師の指示なしには行えません。

医師が常駐しない施設では、事前にもしくはその都度医師の指示を仰がなければなりません。

 

志望動機ってどうやって書けばいいの?

最後に看護師さんとしてデイサービス施設での勤務を希望する人が、履歴者や職務経歴書、面接などに必要な志望動機について紹介します。

デイサービスのお仕事は、夜勤もなく精神的にも体力的にも楽なことが魅力ですが、それをストレートに志望動機とするのはおすすめできません。

デイサービスの看護師としてのやる気や熱意をまずアピールしたいところです。

さらに、介護士と同じような看護以外の仕事があることも承知した上で応募していることも付け加えたいところです。

それらを踏まえた上で、例文を紹介します。

前職は急性期病棟で働いておりましたが、出産を機に退職しました。
この度、看護師に復帰したいと考えた際に、高齢者の方それぞれの個性に合った看護がしたいと常々思っていたこともあり、老年看護を専門に出来るデイサービスでのお仕事を志望しました。
貴園を利用される方1人ひとりに合った細やかなサービスに魅かれ応募しました。
もちろん老年介護のお仕事は初めてですが、看護だけでなく介護にも以前から興味があり、介護士や福祉士といったケアスタッフの先輩方にご指導いただいて、介護のお仕事も学んでいけたらと思っております。

 

デイサービスの看護師さんも考えてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です