看護師のどこがいいの?看護師のメリットとデメリット

看護師という職業は、大変だけどお給料も良くいつまでも続けられる良い仕事だと言われます。

もちろんこれは世間一般の人が思い描く看護師のイメージです。

では、実際に「看護師」は、どんな職業なのでしょうか?

今回は、看護師という職業のメリットとデメリットを現役ナースの声などを交えながら紹介します。

 

看護師のここがいい!①~給料・給与について~

看護師として働くメリットでまず挙げられるのが収入の良さです。

看護師全体の平均年収は478万2,700円です。
出典:平成29年賃金構造基本統計調査

これは、サービス業に従事する人の平均年収347万円の約1.4倍です。

しかも、雇用主は安定した企業が多く昇給も見込めるので、収入面においてはかなり安定していると言えます。

 

看護師のここがいい!②~就職・転職について~

超高齢化社会と言われる現代において看護職の需要はますます高まり、引く手あまたといった状況が続くと思われます。

看護職には「看護師」「准看護師」「助産師」「保健師」の4職種があります。

その中でも、自らの判断で看護を行える正看とも呼ばれる看護師は国家資格で、就職・転職・再就職にも困らない魅力ある資格です。

パートタイムにおいても需要があり、職場の選択肢も多いのが特徴です。

 

看護師のここがいい!③~出産・子育てについて~

平成29年3月に「改正 育児休業・介護休業等育児又は 家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」が公布され、子育てしながら働ける環境づくりを推進する運動も始まっています。

とはいえ、就業していない看護師の理由として「子育て」は上位に挙がっていますので、まだまだ十分環境が整っているとは言い難い状況です。

それでも、看護師さんの育児・子育てに対するサポートを充実させる施設は増えています。

関東の病院をいくつか例に挙げて紹介します。

・病棟看護師 東京郊外
産前産後・育児休暇あり 託児所あり オンコールなし

・病棟看護師 東京23区内
産休・育休・特別休暇あり 24時間託児所あり

・病棟看護師 千葉県郊外
産前産後・育児休暇あり 託児所完備

・病棟看護師 千葉県郊外
育児・産前産後休暇あり 24時間託児所あり

いずれの病院も、産前産後や育児休暇制度があり、取得実績もあるようです。

さらに、病院内もしくは隣接する場所に託児所を開設しているので、小さいお子さんのいる看護師さんには有難いサポート体制です。

 

看護師のここがいい!④~やりがいについて~

看護師の魅力、最後は「やりがい」です。

看護師という仕事は、病気やケガで苦しむ患者さんの健康、時には命にかかわる仕事です。

医療や看護だけでなく、患者さんや家族の精神的な負担を和らげるといった役目もあります。

患者さんの回復や、感謝の言葉は何よりの励みになります。

そこに大きなやりがいを感じる看護師さんは多いようです。

「看護師のやりがい」についての現役ナースの声をいくつか紹介します。

・高校生の患者さんが「あなたを見て、私も看護師になりたくなった」と言って退院した時には看護師になってよかったと思った。

・末期の患者さんが亡くなられた後ご家族に、「あなたがいてくれて良かった」と感謝されたときに看護師としてやりがいを感じた。

・小児病棟の子どもたちが懸命に病と闘う姿に心打たれ、できる限りのサポートをして退院する時の「ありがとう」は何物にも代えがたい喜び。

 

看護師に向いている人ってどんな人?

看護師という職業に向いている人はどういった人でしょうか?

ちょっと視点を変えて、看護師を必要としている職場、つまり病院などの施設で求められている看護師像から、看護師に必要な適性をあげてみましょう。

コミュニケーション能力

看護師さんの職場である病院には、医師や事務員などたくさんのスタッフがチームとして医療に携わっています。

また、老人ホームなどの福祉施設にも、介護士やケアマネージャー福祉士などいろいろな役職の人達がそれぞれに連携しながら職務を行っています。

協調性を持ってチームワークを大事にすることはとても重要です。

柔軟性

不測の事態はどんな職場でも起こりますが、医療の現場では些細なミスが患者さんの命にかかわることもしばしばあります。

何事にも臨機応変に対処し、柔軟な姿勢で臨む…

もちろんそれは理想ですが、できるだけフレキシビリティーに行動できる柔軟性を持ちたいものです。

やる気・意欲

人と関わるのが苦手だから無理…頭が固いと言われる…だから向いていない。

そう諦めてしまえばそこで終わりです。

看護師になりたい!誰かの役に立ちたい!という強い意思、やる気があればそれに勝るものはありません。

最も重要なのはあなたのやる気です。

 

看護師として働くデメリットはあるの?

看護師というお仕事の良いところ、魅力を紹介してきましたが、看護師という職業のデメリットも紹介します。

よく3Kなどと言われますが、キツイ・汚い・危険という労働条件の厳しさを表す言葉です。

夜勤や残業が多く体力的にキツイ、上下関係が厳しく精神的にキツイと言われます。

患者さんや施設入所者のおむつ交換などの排せつ物の処理に代表される、一般の人から見たら汚い・不潔といった事も看護師さんには付き物の職務です。

さらに、病院は医療の現場ですから、院内感染というリスクは常にあります。

他にも、看護師さんが退職・転職する理由に、夜勤などの変則的なシフトで不規則な生活を強いられ体調不良になることもあげられます。

女性の多い職場ならではの人間関係の悩みも良く聞かれます。

 

看護師のメリット・デメリットを紹介しました。

看護師を目指すのであれば、その魅力や欠点もしっかり把握しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です