訪問看護事務の仕事内容とは?メリット・デメリット

超高齢化社会といわれる現在の日本。医療・福祉・介護・看護といった分野のお仕事は、ますますその需要が高まっています。その中でも最近求人が増えているといわれる「訪問看護」は、その主な業務である利用者を訪問して看護すること以外の事務仕事もかなり多いそうです。今回は、この訪問看護の事務についてリサーチしました。訪問看護がどういうお仕事かということから、そこから派生する訪問看護事務のお仕事内容や、訪問看護事務職の求人やお給料を詳しくご紹介します。

そもそも訪問看護とは?

まずは、訪問看護のサービスがどういった内容なのかを、ざっとおさらいしておきましょう。

訪問看護は、文字通り利用者の居宅を訪問して「看護」を行うサービスです。

具体的なサービスとしては、体温・血圧・脈拍などのチェックや、病状や健康状態の確認、酸素や呼吸器の管理、入浴の介助や体の清拭などです。

他にも、医師の指示に基づいた医療措置や看護、利用者や家族への医療・介護・福祉・保健などに関することへのアドバイスや支援も行います。

その訪問看護に携わる訪問スタッフは、どういった資格が必要なのかというと、当然ですが看護師資格が必要です。

他にも福祉や介護の資格、例えば訪問看護認定看護師などがあれば就職の際に有利になることもありますが、必ず必要なのは看護師資格だけです。

一方、訪問看護施設の事務を担当するスタッフは、特に資格が必要なわけではありません。

 

訪問看護の事務の仕事は?

実は訪問看護のお仕事には、利用者を訪問して行う看護以外にも、事務的なお仕事が結構あります。

介護報酬や医療報酬の請求事務と、利用者が負担する分を請求する事務が主な仕事です。

請求事務だけを見ても、介護保険・医療保険では請求先が違いますし、利用者負担分についても、各利用者で負担割合が違うため煩雑な事務作業が発生します。

請求事務以外にも、看護ケアプランの計画書や、訪問スタッフが行った看護ケア内容の報告書を作成することも大事な業務です。

他にも、利用者のカルテ整理や、訪問スタッフのスケジュール管理といった事も事務仕事になっている施設もあります。

訪問看護施設の種類

訪問看護サービスを行う施設には2通りあります。

一般的なのは訪問看護ステーションです。

訪問看護ステーションは、訪問スタッフやケアマネージャー、管理者などで運営する訪問看護専門の施設です。

訪問スタッフは、自動車や自転車、徒歩・公共交通機関などで利用者の居宅を訪問します。

小規模な施設が多く、訪問スタッフが事務仕事も行っている施設もあるようです。

もう一つは、老人介護施設や併設・隣接する施設から訪問看護に赴くといった形態の訪問看護施設もあります。

老人介護施設が運営、もしくは同系列の運営元が多いので、事務は専門スタッフが一緒に行う場合も多いようです。

訪問看護事務のメリット・デメリット

訪問看護施設の事務スタッフのメリットは、基本オフィスでの業務なので体力的には楽なことと、利用者との人間関係に悩んだりしなくてもよいことでしょうか?

一般の事務と比べると、やや高給であることもメリットのひとつです。

反対にデメリットは、求人が少なく好待遇なためお仕事を見つけにくいということです。

また、普通の事務スキルに加えて、介護や医療の報酬請求や保健の知識も求められる事もややネックかも知れません。

訪問看護の事務の平均給料は?

訪問看護の事務スタッフの給与についてですが、同じ施設で働く訪問スタッフである看護師さんよりは低収入なのは否めません。

地域や施設によってかなり差がありますが、正社員なら20万円~25万円くらいのところが多いようです。

一般事務職の平均月給は18万円~20万円くらいなのでやや高給と言えそうです。

パートやアルバイトであれば、時給900円~1,200円といったところでしょうか?

訪問看護の事務になるには?

訪問看護の事務職になるためにはどうすればいいのでしょうか?

資格は必要ないと先程述べましたが、全くの素人よりも医療事務の経験があったり、介護や福祉に関連する施設で勤務した経験があったりといった経歴やスキルは、採用判定の際にある程度強みになるのではないでしょうか?

さらに、報酬請求などの専門的な事務仕事以外にも、来客対応・電話番・物品購入・掃除などの雑用もこなさなければいけない施設も多いようです。

そういった雑事も全然OK!という方で、一日デスクワークも平気な人、また介護や福祉保健や医療などに興味があり、そういった分野の知識やスキルを磨きたいという人は訪問看護事務に向いているのではないでしょうか?

まとめ

まずは、訪問看護施設の求人を検索してみましょう。

看護師さんやケアマネージャーの求人は多いのですが、事務スタッフの求人は少ないので根気よく探しましょう。

介護求人ガイドなどの介護や看護の専門サイトがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です