訪問看護へ転職!仕事内容でみる向いている人の特徴3つ

看護師さんの働く場所は病院や医院といった医療機関ばかりではありません。学校や企業の保健室や医務室、人間ドックなどの施設、老人ホームなどの介護福祉施設や訪問看護ステーションなどいろいろあります。その中でも、訪問看護ステーションや介護施設などに勤務する「訪問看護師」の需要が最近増えています。今回はこの訪問看護のお仕事についてリサーチしました。今の職場やお仕事に不満や疑問がある看護師さんや、特に不満はないけれど環境を変えたいと思っている看護師さんは是非チェックしてみて下さい。

訪問看護師に転職するには?必要な資格は?

訪問看護師の役割といえば、病気・ケガや高齢のためなどで自宅において療養している人に、その自宅まで訪問して必要な看護サービスを行うことです。

訪問看護師になるのに必要な資格は看護師資格のみですから、病棟看護師をされていた方も、すぐに訪問看護師になることができます。

もちろん、仕事の内容は違いますから現場に出るまでには研修などが必要です。

やりがい

その訪問看護師のやりがいや魅力はどういったところでしょうか?

訪問看護のお仕事では基本的に利用者と1対1での対応で、病棟での勤務よりも患者さんとはより近く・深く関わることになります。

多くの患者さんと少しだけ関わるより、もっと近くで支えたいという看護師さんにとってはやりがいのあるお仕事といえるでしょう。

さらに、自分1人の裁量でいろいろなことを判断しなければいけないことも、看護師スキルをもっと活かしたいという方にもおすすめです。

訪問看護師とは?仕事が大変は本当?

それでは、訪問看護師の1日の仕事を訪問看護ステーションのスタッフを例にしてご紹介します。

時刻 名称 内容
9:00 ミーティング 申し送りや当日の予定などの確認
9:30 午前の訪問に出発 2~3件訪問予定
※予定訪問時の看護内容は別表参照
12:00頃 昼食 オフィスに戻る場合や、途中で済ませるなどスタッフによってまちまち
1:00頃 午後の訪問開始 2~4件訪問予定
5:00 事業所に戻る 報告書作成やカルテ整理など
事務仕事や会議があれば残業

訪問した利用者宅での看護サービスの内容は主に下表のような感じです。

個々の利用者によって内容が変わりますので、看護サービスの時間も多少前後しますが、1軒おおむね30分~1時間くらいが多いようです。

名称 内容
バイタルチェック 意識・呼吸・体温・脈拍・血圧などの確認
看護ケア 酸素吸入器や人工呼吸器・カテーテルの管理
喀痰吸引
床ずれの処置
点滴
採血
薬剤の注射
服薬指導
療養ケア 食事の介助
洗面・洗髪・体の清拭
入浴の介助
排泄補助・オムツ交換
体位変換
アドバイスや支援ケア 看護プランの相談
服薬・療養への助言
保険などの相談・助言
寝たきり予防などの助言
利用者・家族への精神的ケア
医薬品や医療機器などの手配

1日に3~6件くらいのペースでこなす方が多いようです。

やはり、同じ看護師さんに継続してきて欲しいという利用者が多く、日によって訪問件数が変わる場合もあるようです。

小規模な施設では、1人の訪問看護師にかかる負担が大きく、結構大変だそうです。

メリット・デメリット

訪問看護師の大きなメリットは、病棟看護師と違って夜勤が無く日勤だということではないでしょうか?

ある程度決まったスケジュールで勤務できるので、子どもがいる人も働き易いようです。

もちろんオンコール対応(緊急時に深夜や早朝でも呼び出される)はありますが…

デメリットとしては、基本的に1人での訪問なので、緊急時や難しい判断を求められる時の責任の重さが挙げられます。

もちろん本当に緊急時であれば、救急車を要請すればいいわけですが、医療機関ならすぐに医師の判断を仰ぐことができるので安心です。

訪問看護の平均給料とは?

看護師さんは、一般の事務職の方と比べると高収入だといわれます。

病棟看護師は夜勤手当があるから高給だと言われますが、実は基本的に夜勤が無い訪問看護師もほぼ同じくらいの平均年収なのだそうです。

病棟看護師・訪問看護師の20代後半の方で約410万円前後が平均年収と言われています。

20代後半の保育士さんの平均年収は311万円ほどですから、看護師さんの方が年収ベースで100万円も違うことが分かります。

ただ、勤務する施設によって多少の変動があるようです。

また、オンコール対応手当や時間外手当などが高給の理由にもなっているため、オンコール対応や残業などをしない場合は、少し給与は低くなる可能性があります。

訪問看護師に向いている人

最後に、訪問看護師としての適性、つまり訪問看護のお仕事に向いているのはどんな人なのかをご紹介します。

いろいろな要素がありますが、ここでは3つ挙げてみました。

コミュニケーション能力

訪問看護師は、利用者の自宅に出向いて看護サービスを行います。

誰とでも気さくに話せる親しみやすい人なら、利用者・家族も安心・信頼して看護を任せられます。

もちろん看護だけでなく病状について、お薬・保険といった事を気軽に相談できるのも、コミュニケーションが上手な人ならではでしょうね。

介護・福祉に興味がある

訪問看護では、排せつの補助や体の清拭、食事の介助といった事が病棟での看護以上に業務の中でも大きな割合を占めます

また、寝たきりの方や介護が必要な利用者も多いので、福祉や介護についての理解や興味があれば、訪問看護に向いていると言えます。

適応力

病棟看護師は医師の指示に基づいて看護を行います。

もちろん訪問看護師も利用者それぞれの看護プランに基づいて看護するのですが、基本的に1人で訪問し、ある程度自分の判断で行うことも多い仕事です。

時には臨機応変な対応を迫られることもあるでしょうから、柔軟に適応できるスキルや経験が必要かも知れません。

まとめ

訪問看護師についてのまとめ、いかがでしたでしょうか?

もし訪問看護師に少しでも興味がおありでしたら、ぜひ介護求人ガイドで訪問看護の求人を検索してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です