訪問看護の仕事 向いている人・辞める人の違いはコレ

医療機関へ通院できないで自宅で療養する人たちにとっては、とても有難いサービスである「訪問看護」。そんな訪問看護のお仕事ですが、興味のある看護師さんの中にも「自分にもできるのかな?」と不安な方も多いのではないでしょうか?今回はそんな訪問看護のお仕事についてリサーチしました。特に、訪問看護に向いている人とそうでない人の違いや、訪問看護に必要な適正とは?といった事を重点的にご紹介します。

訪問看護の仕事とは?きついって本当?

業務内容

厚生労働省の「訪問看護について」によれば訪問看護とは、

疾患又は負傷により居宅において継続して療養を受ける状態にある者に対し、その者の居宅において看護師等が行う療養上の世話又は必要な診療の補助を行う

と定義されています。

具体的な在宅ケアサービスとしては、

  • ・血圧や体温・脈拍などのチェック
  • ・病状など利用者の状態チェック
  • ・在宅酸素・呼吸器の管理
  • ・入浴介助や身体の清拭、洗髪などの療養上の世話
  • ・その他、医師の指示に基づいた医療措置
  • ・認知症・介護予防ケア
  • ・利用者・家族への医療・介護・保健などについての助言や支援

といった事があります。

訪問看護がキツイ仕事と言われるのは、少人数体制の施設では各人の訪問ノルマが多いのと、緊急呼び出しの当番(オンコール対応)があるので夜間でも訪問しなければいけない事などが挙げられます。

また病院勤務なら医師の指示を仰ぐことが出来ますが、訪問看護では自分で判断しなければならない局面もあり、責任の重さが辛いという方も多いようです。

よく似たサービスに「訪問介護」がありますが、2つのサービスはかなり違います。

訪問看護は、自宅での療養や在宅での介護に対する療養ケア・診療補助です。

それに対して訪問介護は、食事・排泄・入浴などの身体介護と、掃除・洗濯・買い物・調理などの日常生活の援助です。

資格

訪問看護師に必要な資格は、実は看護師免許だけです。

ただ、それ以外の資格も持っていれば採用されやすかったり、現場でスキルを活かせたり、他の看護師のリーダー的な立場になることも可能です。

例えば、日本看護協会が認定する「訪問看護認定看護師」や、現場の訪問看護師の多くが取得しているケアマネージャー資格も大変有益な資格です。

訪問看護のメリット・デメリット

次に、訪問介護の仕事をするメリットとデメリットはどういった点かをご紹介します。

メリット

  • ・利用者の環境が様々なので、対応力やコミュニケーション力が身に付く。
  • ・基本、夜勤がなく日勤のみ。
  • ・1人の患者(利用者)さんに対応するため密接に関われる。
  • ・給与水準が高めで、休日も多い。

デメリット

  • ・オンコール対応で深夜や早朝の訪問があることも。
  • ・小規模な施設は経営が不安定になりやすい。
  • ・深い付き合いが求められるが故にコミュニケーションが難しいことも。
  • ・臨機応変な判断が必要になることもあり責任重大な面も。

訪問看護に向いている人・向いていない人の違いとは?

続いては、訪問看護のお仕事に向いている人の特徴と向いていない人の特徴を比べることで、訪問看護に対する適正はどういったところかをご紹介します。

向いている人 向いていない人
看護に対する姿勢 自分で判断して看護したい 医師の指示通りに看護したい
患者との関わり方 1人の患者と向き合いたい 広く浅く患者と関わりたい
自己管理 ルーティンワークが苦手 スケジュール通りに働きたい
働く環境 チームで働くより1人で仕事がしたい 誰かと連携して勤務したい

訪問看護の仕事を続けられずに辞めてしまう理由は、自分で判断しなければいけないなど責任が重いといったことや、訪問のノルマが多く体力的にきついといったことが多いようです。

また、患者さんとの距離が近すぎて大変だという人や、スキルや経験が不足しているため続けられないという方もいらっしゃるようです。

訪問看護において大切なこと

患者さんの中には穏やかな人もいますが、療養が必要な境遇にイライラする人や気難しい人もいます。

どんな人ともうまく接することが出来るコミュニケーション力も大事です。

また、訪問看護は住まいである自宅で看護する利用者である患者さんとかなり近い場所で行うサービスです。

現実の距離と、患者さんのプライバシーにも踏み込む2重の意味で近い距離なので、相手を思いやる心は必要不可欠なのではないでしょうか?

患者さんやそのご家族に寄り添った看護を心がけることが、訪問看護にとって最も大切ではないかと筆者は思っています。

訪問看護師に転職するには

まずは、訪問看護ステーションの求人を検索しましょう。

公的機関が運営する施設なら自治体の広報やホームページを見て探しましょう。

それ以外の社会福祉法人や民間企業が運営する施設の求人は、就職・転職サイトを利用して探すのが効率的で便利です。

特に介護求人ガイドなどの介護や看護、福祉に特化したサイトはおすすめです。

まとめ

訪問看護に向いている人、向いていない人の記事、いかがでしたでしょうか?

病棟看護師として仕事にやりがいを見いだせない人や、労働環境や働き方を変えたいと感じている看護師さんは、ひとつの選択肢として訪問看護師を検討してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です