男性でも大丈夫!資格無しでも看護助手やれます

最近では、看護業界でも男性の活躍をよく目にするようになりました。男性看護師はまだその数は少ないものの、以前に比べると増加しています。看護助手についても、同じことがいえます。医療の現場に興味がある、看護師の資格はないけど、患者さんの役に立ちたいと考えているかたにぴったりの仕事ですね。看護助手の仕事に興味のあるかた、男性でも大丈夫です。ここでは、看護助手の仕事について、男性が看護助手として働くメリットについてご紹介します。

看護助手ってなにするの?

看護助手は、看護師の業務の補助をしますが、その業務は多岐にわたります。注射や処置などの医療行為は、行うことができません。患者の介助の手伝いや、食事の配膳・下膳、掃除やベッドメイクなどの業務を行います。特に入院できる病院では、多くの看護助手が働いています。

資格がなくてもいいってホント!?

ホントです。看護助手は、資格がなくても働くことができます。ここが看護師との大きな違いで、看護師は医療従事者としての資格を有し、医療行為にあたることができます。一方、看護助手は医療行為にあたることができませんが、資格がなくても働けるため、未経験者や子育てを終えた世代など、多くのかたが条件に該当します。

しかし、看護助手の仕事では介護の手伝いや患者とのかかわりがあります。そのため、介護福祉士や介護職員初任者研修などの資格を持っていた方が有利です。介護の資格取得のため、働きながら勉強しているかたも多く、実際に介護の現場で就職するまでに経験を積むことを目的にしているかたもいます。

また、既に介護福祉士などの取得を持っているかたの転職や就職先として選ばれることも多いです。高齢化が進み、入院患者にも介護保険利用者や認知症のあるかたが増えました。医療分野においても、介護の専門性が不可欠となり、介護のスペシャリストとして役に立てることは多いです。

看護師になれるかも!

看護助手をしていると、看護師の仕事に興味を持ち、実際に働きたいと思うかもしれません。また、看護師の仕事を近くで学ぶために看護助手の仕事を始めたかたもいるでしょう。

看護助手の仕事経験だけでは、看護師になることはできません。看護師になるには、看護専門学校や看護系大学、看護系短期大学を卒業し、国家試験に合格することが必要です。近年では、30~40代のかたの看護学生が増えてきています。高校や中学を卒業して長い年月が経っていても、決して不可能ではありません。

学校に通学するための資金がないかたは、数は少ないですが定時制の学校もあります。カリキュラムには実習もあるため、完全にこれまでの仕事との両立は難しいかもしれませんが、気になるかたは調べてみましょう。

看護助手として病院に勤務しているかたは、病院独自の支援制度があるか確認してみましょう。看護学校への支援制度を持っている病院であれば、何らかの援助を受けることができるかもしれません。

男性だって看護助手になれる!

看護師、看護助手は、長い間女性の仕事と認識されてきました。現在でも、特に高齢者は看護婦さんと呼ぶほどです。しかし、少しずつではありますが、男性の看護師や看護助手は増えてきています。

男性の看護助手がいると、職場にメリットをもたらす場合も多いことをご存じでしょうか?例えば、女性にお世話をしてもらうことが苦手な男性患者には、とてもありがたい存在です。排泄や、打ち明けにくい療養上の悩みなど、男性だから言いやすく、頼みやすいこともありますよね。

また、重度の要介護者の介助は、女性の力では負担が大きい場合も多いです。介護のスペシャリストは、身体に負担のかからない介護方法を熟知していますが、看護師は介護士ほど身体介護の技術を身につけていない場合が多いです。

力のある男性、特に介護の資格を持っている男性看護助手は、介助が必要なかたの移動や排泄などの介助の際にとても役に立ちます。

そして、認知症高齢者の対応です。認知症のあるかたは、病気により体調が不安定になったり、入院により環境が大きく変わってしまうと、落ち着かずウロウロしたり、乱暴な言動になってしまう事があります。名前を覚えることが苦手な認知症患者は、同性ばかりのスタッフだと、誰もが同じに見えてしまい、慣れるまでに時間がかかります。

男性スタッフが一人いるだけで、顔を覚えてもらえやすく、顔が見えることで安心感にもつながります。

そして、様々な力仕事に駆り出されるなど、何かと用事を任せられることも多く、患者だけではなくスタッフの役に立つこともできます。

いかがでしたか?男性でも、看護助手としてしっかり働けることが分かりましたね。まだまだ女性の数が圧倒的に多い業種ではありますが、女性の中で仕事をすることに抵抗がないかたは、挑戦してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です