どこから違う?「看護師」と「介護士」

看護師と介護士は、同じ職場で働くことも多いですよね。看護師や介護士を目指す人のなかには、「人の役に立てる仕事をしたい」と望んで、この仕事を選んだかたもいます。看護師も、介護士も人の体に触れたり、日常生活の不自由な部分をお世話したりしますが、その明確な違いをご存じですか?ここでは、看護師と介護士の違いや関係、転職についてご紹介します。

違いは何?

看護師と介護士の違いは、たくさんあります。職種や資格、業務内容、役割など、知っておくと進路を決めるのにも便利です。

看護師は、医療従事者です。医師の指示のもと、病気やケガなどの治療や療養生活をサポートします。具体的には、薬の管理や健康状態を維持するための支援、処置などを行います。

時には、介護が必要なかたの介助もします。看護師として働くには看護師の資格が必要不可欠です。

介護士は、利用者の自立した生活が安全に営めるように支援する仕事です。食事や入浴、排泄、移動などの生活上の動作の他にも、調理や買い物、掃除などのサポートもします。業務内容は所属する会社や事業所により違いがあります。介護士として働くには、介護福祉士などの資格を持っていると有利ですが、必ずしも必要というわけではありません。

看護師と介護士の関係とは

看護師と介護士が同じ職場で働くことは多いです。その関係は、チームで働く以上は同等であることが理想ですね。しかし、看護師と介護士の関係に疑問を持っているかたもいて、実際に働いているかたの中には、上下関係があるのではと実感している場合もあるようです。

病院では、どうしても医療分野が中心の場となります。そのため、看護師は医療分野の仕事を中心とし、介護士はそのサポートにあたります。介護士は看護師から指示されることが多く、上下関係を感じることもあるようです。

一方、介護施設では、介護士の仕事を看護師がサポートします。看護師も介護の分野の仕事を任されることも多く、病院ほど医療行為をする時間はありません。そのため、介護士がリーダーや部長になることが多いです。

上下関係は、勤務年数により生じるものもありますので、資格の種類だけでは語ることができませんよね。しかし、看護師は資格が必要であることに対して、介護士は資格のないかたでも働くことができる点では、専門性という面で上下関係が発生しやすいのかもしれません。

しかし、介護士でも高い専門性を持ち、リーダーシップを発揮しているかたは多いです。ですから、どちらが上でどちらが下か、なんてことはないんです。チームの一員としてきちんと機能できるだけのスキルや知識、努力が大切なんですね。

看護師から介護士へ

看護師をしていて、介護士の仕事内容に魅力を感じるかたもいます。介護の仕事をしてみたいと思っている看護師のかたは、病院勤務であれば介護施設などの分野に転職されるのも一つの方法です。

介護施設にも看護師は配属されています。看護師として、医療の知識や技術を生かしながら介護の仕事にも携わることができます。入院患者ほど病状が不安定なかたや治療を要するかたはいませんので、健康管理が主な仕事となります。

介護士が法律上行えない医療行為は、看護師が医師の指示のもとに行いますが、それ以外は介護士と一緒に介護の仕事をします。看護師として勤務したほうが、介護職よりも給与が高い傾向にありますので、検討してみましょう。

介護職として採用されたいと考えているかたは、勤務したい会社や施設などでその旨を伝えてみましょう。看護師を持っている以上は、介護の知識も備えていることの証明になるため、転職にも有利です。働きながら介護の資格取得を目指すことも可能ですから、まずは転職先を探してみましょう。

介護士から看護師へ

介護士を経験してから看護師を目指すひとは少なくありません。看護師として働くには、専門学校や大学などで勉強し、看護師の国家試験をパスする必要があります。そのため、ほとんどの場合は一度仕事を辞めて、通学することとなります。近年では、30代以降の看護学生も珍しくありません。きっと、これまでの介護の経験を生かしながら働くことができますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です